罪の意識から逃れるように、美母は相貌を前後にゆらし、唇を往復させた

故人を偲ぶ日に、その息子の前にひざまずき、ペニスを頬張っていた。人の道に外れた所業だと、花穂子自身思う。罪の意識から逃れるように、美母は相貌を前後にゆらし、唇を往復させた。嘔吐きそうになりながらも、口内粘膜で棹腹を摩擦し、舌で棹裏を舐め擦った。
「あっ、ああっ、ママの口が吸い付いてる。ママのフェラ、すごいっ」
佑二が背を反らすように身体を突っ張らせて、悶え泣いていた。口のなかで、勃起はさらに充血を増していく。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!