おくちを大きく開けちゃって。上品な美人顔が、こんなにいやらしく変わるんだ

「ママ、こっちを見て。ママのエッチなしゃぶり顔を、目に焼き付けたい」
佑二が母に命じる。花穂子は瞳を上にした。愛しい我が子を見つめながら、唇をきゅっと締め付ける。手は垂れた陰嚢に添えて、マッサージを施した。
「ああ……おくちを大きく開けちゃって。上品な美人顔が、こんなにいやらしく変わるんだ」
佑二が、男性器に奉仕する母をマジマジと見つめていた。恥じらいの感情が、未亡人の美貌を色づかせた。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!