乳にむしゃぶりつく赤子の性急さで、亜紀の媚肉にぶぢゅっと口づけた

鳥肌立つような劣情に理性を混濁させた啓太は、乳にむしゃぶりつく赤子の性急さで、亜紀の媚肉にぶぢゅっと口づけた。舌で恥溝をこじるようにして、ねろん、ねろんと上下に舐める。平たい舌の刷毛で、ねっとりかつたっぷりと涎を塗り込んでいくかのようなクンニリングス。技巧などないのは言わずもがなだったが、その分今にも火を噴きそうなほどの、卑しい昂揚感だけは満タンフル装備だ。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!