ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく

ふふっと妖しい笑みを残して、彩香の美貌が股間に沈んだ。
(ああっ、あったかくてヌルヌルだっ)
ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく。
「彩香さん、気持ちいいです」
股間で上下するナースキャップに向かって、佑二は囁いた。荒淫でヒリヒリとする長棹の表面を、温かな舌と唾液の潤いが癒す。彩香は「くふん」と可愛らしい喉声を漏らして、口腔抽送の速度を上げた。右手の指は根元部分に添えてシコシコと擦り、左手は陰嚢を掴んで、揉みほぐした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!