ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく

ふふっと妖しい笑みを残して、彩香の美貌が股間に沈んだ。
(ああっ、あったかくてヌルヌルだっ)
ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく。
「彩香さん、気持ちいいです」
股間で上下するナースキャップに向かって、佑二は囁いた。荒淫でヒリヒリとする長棹の表面を、温かな舌と唾液の潤いが癒す。彩香は「くふん」と可愛らしい喉声を漏らして、口腔抽送の速度を上げた。右手の指は根元部分に添えてシコシコと擦り、左手は陰嚢を掴んで、揉みほぐした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!

関連する言葉

美波の背後から、宣英のペニスに手を伸ばすと... ちえりは美波の背後から、宣英のペニスに手を伸ばすと、陰嚢の辺りまで溢れ零れた喉汁を拭い取った。指先に十分に塗り濡らすと、美波のサポートをするかのように陰茎をシコり上げる。...
嫌がる素振りも見せずに他人のペニスに手指を這わせ、玉袋を捏ねながら巧みに舌を絡める妻... 強制されているのではなく、自発的に奉仕しているように見えた。嫌がる素振りも見せずに他人のペニスに手指を這わせ、玉袋を捏ねながら巧みに舌を絡める妻。その顔は妻というよりももはや一匹の牝──。...
舌奉仕をする二人の女を見下ろし、佑二が胸を喘がせていた... 一本の肉棹を同時に舐めている。ふれ合うのが当然だとわかっていても、心は妖しくゆれ動く。 「お二人に、こんなことまでしてもらって」 舌奉仕をする二人の女を見下ろし、佑二が胸を喘がせていた。...
あらあら、彩菜ちゃん、ほんとう、おち×ぽが好きなのねぇ... 「んく、んく……じゅ、じゅぷ、じゅぷ……!」 顔をぶつけるような、激しいフェラチオ抽送をし始めてしまう彩菜。 「あらあら、彩菜ちゃん、ほんとう、おち×ぽが好きなのねぇ。ウフフ」 間近で見ていた貴和子が驚き、つい笑みを漏らす。...
加南子は頬をペッコリ凹ませて、膣圧に似た締めつけで抽送をうながしてくる... 「んぐぅ……ん、んっ」 喉もとにまで達した鎌首に、ときおり苦しげに呻きつつも、加南子は頬をペッコリ凹ませて、膣圧に似た締めつけで抽送をうながしてくる。 (明日はここに……ここにも……) 汁ダクの女肉にかぶりつき、舌先でアヌスをほじり、若竿をピストンさせる慎也。深々と喉を抉り、荒々しく腰を前後に...
腰を使ってペニスを口腔に送り込んでも喜んで吸ってくれる... おまけに足元には美少女が跪き、強烈に勃起したペニスに唇と舌で奉仕している。雅也が腰を使ってペニスを口腔に送り込んでも喜んで吸ってくれる。そして何より、加奈子のランジェリー姿がたまらなかった。しかも今回の場合は、加奈子の周りにはセーラー服が脱ぎ捨てられている。真面目なお嬢さまがつけているとは信じられな...
妖しい微笑みを浮かべ、見せつけるように肉棒を舐め上げた... 吉川の劣情をさらに刺激するように、凪子は舌を長く伸ばすと、妖しい微笑みを浮かべ、見せつけるように肉棒を舐め上げた。根元に添えられていた右手は、精子を導きだすように上下にしこしこと動き、ざらついた舌表面が亀頭にべっとりと張り付いて這い回る。精を吸い出すように鈴口をちゅーちゅーと吸われ、気がくるわんばか...
苦しい息で吸引しては、頭を前後に振って幹をしゃぶった... 一心不乱に舌を這わせ、頭を前後に震わす。夫に対してすら滅多にしないのに、懸命に技巧の限りを尽くす。鈴口をチロチロとついばみ、尖端のくびれ部分をねぶりまわす。苦しい息で吸引しては、頭を前後に振って幹をしゃぶった。 さっきまで毒突いていた奥寺が言葉を発しなくなっている。代わって耳に達するのは、獰猛な獣...
じっくりと優しく、少しずつ速く手筒を上下させてくる加南子... じっくりと優しく、少しずつ速く手筒を上下させてくる加南子に多量の先汁をもらしつつ、慎也は大きくうなずきかえした。...
添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた... 「いいのよ。すっきりしていいの。そのためにこうして口でしてあげているのだから。私が飲んであげるわ……」 ゾクゾクするほど色っぽい上目遣いで、放出を了承する深佳。またすぐに、勃起に舞い戻った朱唇は、口腔粘膜全体でぬるぬると締めつけてくる。添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほ...