ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく

ふふっと妖しい笑みを残して、彩香の美貌が股間に沈んだ。
(ああっ、あったかくてヌルヌルだっ)
ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく。
「彩香さん、気持ちいいです」
股間で上下するナースキャップに向かって、佑二は囁いた。荒淫でヒリヒリとする長棹の表面を、温かな舌と唾液の潤いが癒す。彩香は「くふん」と可愛らしい喉声を漏らして、口腔抽送の速度を上げた。右手の指は根元部分に添えてシコシコと擦り、左手は陰嚢を掴んで、揉みほぐした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!

関連する言葉

すると今度は、加奈子が顔を動かし、思いっきり根元までペニスを咥えた... すると今度は、加奈子が顔を動かし、思いっきり根元までペニスを咥えた。その情熱は亀頭が喉元深くに達したことからも明らかだった。雅也は、これまでに女子高生の唇、舌、そして唾液を快感として味わってきた。それに喉という初体験が加わり、射精が更に爆発的になった。雅也が叫ぶと、加奈子は「んんんんっ!」と、無我夢...
彩香は佑二の射精を巧みにコントロールしていた... 「まだ出してはダメよ」 彩香の指が佑二のペニスをきつく握り込んでいた。寸前で抑え込まれ、充血した肉棹が苦しげに震える。彩香は佑二の射精を巧みにコントロールしていた。喘ぐ佑二の口元から涎が垂れる。温かな吐息が横から近づいてきた。ピンク色の舌が、ぺろっと佑二の下唇を舐めた。...
ハイソックスを穿いたTバック女子高生に、思いっきり口内射精をする... 制服を脱ぎ捨てた加奈子は、ハイソックスは穿き続けていたのだ。Fカップの巨乳を彩るブラ、ヒップが丸見えのTバックという格好の下には、これこそ美少女の象徴だと思える靴下が光り輝いている。ハイソックスを穿いたTバック女子高生に、思いっきり口内射精をする──。考えただけで、身体が震えてくる。ペニスが爆発しそ...
舌先を尖らせて尿道口をほじるようになめたり、亀頭の付け根のくぼみをていねいになぞっていく彩菜... 「ぺちゃぺちゃ、ぴちゃ」 「チュ、チュプ、チュク……」 さらに、舌先を尖らせて尿道口をほじるようになめたり、亀頭の付け根のくぼみをていねいになぞっていく彩菜。 貴和子はといえば、唇を何度も肉幹に押しつけるキスと、チロチロと舌先でなめるのを並行して、広海の陰嚢までも降りてきていた。そのうえ、 ...
肉に飢えた獣のワイルドさで、ペニスをしゃぶる佳織の顔つきはどうだ... その上、肉に飢えた獣のワイルドさで、ペニスをしゃぶる佳織の顔つきはどうだ。愛らしい美貌が不様に崩れ、顔の皮が引っ張られてひょっとこのようになっていた。クレーターかと思うほど左右の頬が深く窪み、鼻の下の皮が餅のように伸びきって、形のいい鼻腔が正視に耐えないほど伸張している。 そうしたガイドのフェラチオ...
棹の根元部分まで花穂子の紅唇は到達し、陰毛と擦れていた... 「うう、すっぽり入ってる。ママってフェラチオ上手だったんだね」 佑二が感激の声を漏らしていた。棹の根元部分まで花穂子の紅唇は到達し、陰毛と擦れていた。...
ひゃん!ひっ……!お、お尻の穴、なめちゃダメぇ!そこは恥ずかしいから、見てもダメなのにぃ、... 広海の舌先は彩菜の膣孔にまで突き込まれ、浅く膣襞もなぞりあげていく。かと思うと、肛門にまで届いて、さっきのお返しとばかりなめ回した。 「ひゃん!ひっ……!お、お尻の穴、なめちゃダメぇ!そこは恥ずかしいから、見てもダメなのにぃ、ぁああ……んっ、んぅぅ!」 だが彩菜も負けてはいない。果敢にまた、広海...
ペニスを慈しむように撫でさする動きは、まさしく〝年上のお姉さん〟らしい... 雅也の視線は、美少女の指に集中する。 姉妹とも真っ白で、美しく伸びた指だ。強烈に膨れあがった肉棒との対比もエロティックだし、手コキの〝流儀〟が違うことも興奮させられる。女子大生の詩織は、とにかく愛情が深い。ペニスを慈しむように撫でさする動きは、まさしく〝年上のお姉さん〟らしい。 一方、女子高生の...
彩菜が亀頭を回しなめている間、貴和子は肉幹を横ぐわえにして舌を這わせる... すぐに貴和子が加わった。 「ん……ちゅぷ、かぽぉ……こぷ……」 「レロ、レロレ……チュ、チュパ」 たちまち、母娘ふたりの同時フェラになる。それも、いままでよりずっと息の合ったなめ方と抽送で広海を驚かせた。 彩菜が亀頭を回しなめている間、貴和子は肉幹を横ぐわえにして舌を這わせる。しばらくすると...
美人女将が指先で鈴口に溜まったカウパー液を掬い取る... 男体に飢えた美人女将が指先で鈴口に溜まったカウパー液を掬い取ると、つーっと透明の糸が引いた。男液の先走りに、とろんと目を細めると、とろみを確かめるように親指と人差し指を擦り合わせる。...