唇と舌、そして口内粘膜でぴっちり包み込まれると、腰から地面に沈み込むような心地がした

佑二は裸でベッドの端に腰掛けていた。足元にはナース服姿の彩香が膝をつき、佑二の股間の上で、ナースキャップを被った頭をゆらしていた。
(彩香さん……精液と、奥さまの愛液でまみれているのに)
陰茎に彩香の舌が這っていた。嫌悪感を佑二には見せないようにしているのか、後始末の舐め清めを施す仕草に、躊躇いは感じられない。表面の残滓を拭い取ると、彩香は紅唇にすっぽりと含んできた。
(あっ、おくちに呑み込んでくれてる。ううっ、とろける)
唇と舌、そして口内粘膜でぴっちり包み込まれると、腰から地面に沈み込むような心地がした。彩香はそのまま上下に美貌をゆすって、丁寧に唾液を絡めて勃起を舐め洗った。佑二の口からはため息しかこぼれない。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!