彩香の剥き出しの双乳に手を伸ばし、丸い膨らみをすくい上げた

いつもの泰然とした雰囲気は消え、まるで十代の少女のようだった。佑二の頬が緩む。彩香の剥き出しの双乳に手を伸ばし、丸い膨らみをすくい上げた。指先で乳首を弾くと、彩香の紅唇が開いて可愛らしく喘ぎを吐き出す。すかさず口を被せて、唾液を彩香の口に流し入れた。彩香が佑二の身体に腕を回し、強く抱きついてきた。送り込んだ唾液に、自分の分を足して戻してくる。
(甘くて温かい……)
彩香の唾液を味わいながら、佑二は腰をすり合わせて、彩香の牝穴を捏ね回した。くふんくふんと切なく鼻声を漏らして、彩香が佑二の口をきつく吸う。口内の唾液を佑二は送り返した。互いの口を行き来した唾液を、彩香はゴクンと音を立てて飲み干し、身を引き攣らせた。うっとりと鼻から息を漏らす。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!