志穂の肛門はすでに夫の手によって開発しつくされ、今では第二の性器と呼ぶに相応しい

「はぐっ!」
出し抜けにアヌスがうがたれ、胃袋まで突き抜けるような衝撃に見舞われる。しかし、痛みなど覚えなかった。いいや、痛みすら快感として受け入れていた。志穂の肛門はすでに夫の手によって開発しつくされ、今では第二の性器と呼ぶに相応しい肉器に生まれ変わり、絶頂感さえ味わえるまでに発達しているのだから。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。