潮を吹く

御堂乱

かろうじてパンティ一枚は許されている女体群の中に、一人だけ全裸で陰部を直接に責め嬲られている──しかも大使たちの目の前で──女性がいた

かろうじてパンティ一枚は許されている女体群の中に、一人だけ全裸で陰部を直接に責め嬲られている──しかも大使たちの目の前で──女性がいた。言うまでもなくベルギー王国大使夫人のキャサリン・ベネットである。 「もう……もう堪忍してっ」 息も絶え絶...
御堂乱

腰を大きく上下させながら、白目をむいたキャサリンは歓喜の牝汁を盛大に噴き上げつづける

「イケっ、キャサリン!イクんだっ!」 「ああっ、わあっ、あああっ、ひえええーっ」 スポーンと指が抜かれると同時に、熱い秘蜜がビューッと宙に飛んだ。 「ひいっ、ひいっ……あわわわ……ひいっ」 腰を大きく上下させながら、白目をむいたキャサリンは...
早瀬真人

その直後、恵美がソファーの背もたれに背中を預けたかと思うと、淫裂からピュッピュッと水しぶきを噴き出させた

「はふン、いやン。はぁぁ」 「慎吾君、うまいわぁ。最初はそうやって、ゆっくりと丁寧に。指を入れて、徐々に激しくしていくのよ。それから女の子のいや、だめは感じる場所の裏返しだからね」 亜紀のレクチャーを受け、右手の中指を膣口に挿入する。 膣内...
天海佑人

スクール水着が貼りつく恥部から、シオが噴き出した

孝典は愛菜のスクール水着姿を見つつ、その母親の媚肉の天井のざらざらした部分を、激しくこすっていく。 「あ、ああっ……変、変な感じなのっ……ああ、ああ、なにか……なにか出そうっ」 「どうしたの、ママっ」 「ああ、ああっ……出る、出るっ……なに...
鮎川晃

だから麻里亜は潮を噴くたび、自分の滴で顔を濡らし、恥ずかしそうに勇作を見上げる

あんまり激しく突きこんだせいで、麻里亜はまんぐり返しみたいに、股間を上に向けている。 「オウ、なんて恥ずかしい格好なの?……あふ……やだ、降りかかってくるう」 だから麻里亜は潮を噴くたび、自分の滴で顔を濡らし、恥ずかしそうに勇作を見上げる。...
北都凛

股間をぱっくり開かれた恥ずかしい格好で、ぐっしょり濡れそぼった蜜壺に極太の男根を埋めこまれていた

「あっ……うぐぐぐっ」 淫らな嬌声をあげそうになり、朦朧としながらも下唇を噛みしめる。 綾乃は子供服売り場の試着室で、立った姿勢のまま神谷に貫かれていた。正面から抱きすくめられて、片脚を肩に担がれている。 「うあっ……くううっ、そんな……お...
庵乃音人

可憐な美姉妹の巨尻で顔面をサンドイッチにされつつ、貴史は最後の瞬間に向かって腰を振り、祈里の尻肉を力いっぱい握りつぶす

貴史の責めが祈里に集中し始めたため、欲求不満になった夏海と志摩子は、後ずさるように貴史に接近した。自ら尻を顔に押しつけ、プリプリと振りながらクリトリスオナニーを加速させる。可憐な美姉妹の巨尻で顔面をサンドイッチにされつつ、貴史は最後の瞬間に...
庵乃音人

祈里のすべらかな手に握られたままドクドクと脈打ち、勢いよく精液を飛び散らせる

「志摩子……」 「んひいぃ、貴史……あん、オマ○コイッちゃう……あたしもイッちゃうよぉ……」 「あぁ、夏海ちゃん……ううっ、先輩、僕ももうだめです……」 両手を前後にピストンさせ、爪先立ちの乙女たちに喜悦の嬌声を上げさせつつ、リズミカルにし...
御堂乱

乳房を揺すりヒップを波打たせながら、志津子はもたげた双臀の狭間から大量に歓喜の潮を噴いた

浩は目隠しされた顔を真っ赤にし、かろうじて射精をこらえた。が、志津子の方はそうはいかなかった。男たちによってイキやすくされてしまった人妻の女体は、最後の瞬間に悦びを極めてしまったのだ。 ヒイイイイイィィィィィ!! 乳房を揺すりヒップを波打た...
庵乃音人

祈里の秘唇はそんな貴史の抽送に応え、時折艶っぽく蠕動して陰茎を絞りこんでは、精液をねだるような悩ましい動きを見せた

輸精管が過熱し、できたての精液が皺々の肉袋のなかで沸騰する。 祈里の秘唇はそんな貴史の抽送に応え、時折艶っぽく蠕動して陰茎を絞りこんでは、精液をねだるような悩ましい動きを見せた。もう限界だった。 「先輩、気持ちいいです……あぁ、射精する……...