は・裸エプロン

天海佑人

と、松前先生の奥さんが、土間に裸にエプロンのまま降りてきて、孝典の足にすがりついてきた

「待ってっ……」 と、松前先生の奥さんが、土間に裸にエプロンのまま降りてきて、孝典の足にすがりついてきた。 「ち× ぽを入れて欲しいんですか、奥さん」 「いや……入れてはだめ……」 かぶりを振りつつも、裕美は学生ズボンの股間に手を伸ばし、も...
天海佑人

奥さんの裕美は、裸にエプロンだけで、玄関に尻を向ける形で四つん這いの姿勢をとって、孝典を待っていたのだ

放課後──孝典はまっすぐ松前先生の家に向かった。まずは、日課になった松前先生の奥さんの尻の穴ほぐしをやるつもりだった。その後、益岡先生の家を訪ね、熟れ熟れ妻の尻の穴の調教もはじめるつもりでいた。 チャイムを鳴らし、玄関のドアを開くと、いきな...
鮎川晃

滴で毛先を濡らした茂みは恥丘にくっつき、所々にアクメの白濁汁をぬめらせた屹立に、蹂躙される淫花の仔細を、恥ずかしげもなく晒している

勇作に抱きついたまま仰向けに寝かせて、早苗が上になった。立てた膝を大きく開き、勇作を濡れた瞳で見つめながら、淫らな屈伸運動を始める。 たまらず勇作が生唾を呑みこむ。 「う、わ……つながってる部分が丸見えで……め、めっちゃいやらしい」 滴で毛...
鮎川晃

まだつけたままのエプロンはすっかり乱れ、紐が緩んで下は丸見え、上はおっぱいの谷間に挟まっている

「あふ、刺さるぅ……それにしても、勇作さんってすごいのね。ちょっとやそっと動いても全然抜けやしない……ま× こが突き抜けそうになるわけだわ。あん……」 「早苗さんのおま× こが素敵だからですよ。膣襞が優しく絡みついてくるから、入れてるだけで...
鮎川晃

俯いている乳首の先からは、汗がぽたぽた滴り落ちて、流しに小さく音を立てる

勇作の前で、早苗がシンクに突っ伏している。まだ落ち着かない呼吸のたびに、汗びっしょりの背中が揺れる。俯いている乳首の先からは、汗がぽたぽた滴り落ちて、流しに小さく音を立てる。 「ううん、もう平気よ……でもやっぱり、ちょっぴり刺激が強すぎたか...
鮎川晃

歓喜の汗に濡れた肌に、エプロンがぴったりくっついてしまっている

「あぁ!さなえさあん!あぐう!」 二度目のアクメの甘い感じに合わせて、ほどなく勇作も精を放った。汗びっしょりの早苗のうなじに突っ伏し、そのまま腰を何度も揺らす。 「あ……うぅ……すごく……出てる……あう……うぐう」 尿道が戦慄き、穴から撒き...
鮎川晃

見つめながら、前妻には負けないわとばかりに、たっぷり豊かな尻肉を、いっそう淫らに振ってみせる

激しく腰を突き上げながら、汗まみれの背中越しに手を回して、揺れる乳房を揉みしだく。乳首を指でねじり刺激すると、早苗がかすれた声をあげた。うめきながらもねだるみたいに、早苗が勇作の手を、いっそう強く乳房に押し当てる。 「つ、妻になると、こうい...
鮎川晃

女淫に亀頭を感じたのもつかの間、急いた尻を突き出して勇作を早苗が沈めていく

興奮しきった勇作の手を止めると、早苗は握ってしごきながら、再びシンクに手をついた。突き出した尻の間に勇作を導いていく。 「あぁ、早苗さんのま× こ、漏らした汁でぬちょぬちょになってる」 女淫に触れた先端が、ねっとり熱くぬめるのを感じて、勇作...
鮎川晃

むちん……と、尻肉が揺れながら丸みをいっそう張り出して割れ目を広げ、二つの穴を見せつけた

「さぁ、して見せて。こういう風に……私をおかずに気持ちよくなって」 勇作の手を誘い、握らせると、早苗は少し距離を取った。 「エプロンをつけているのだから、やっぱりこういう姿勢がいいのかしら?……」 早苗はシンクに手をつくと、ぐ……と、勇作に...
鮎川晃

見た瞬間に股間を膨らませてしまった勇作に気づき、早苗は頬を染めつつも、エプロンの裾をまくってみせた

「めちゃくちゃ似合うのもどうかと思うけどな。でも、ありがと。この前に見たDVDの中に、こういうのがあったから、ちょっと真似してみたの。高野さんって、こういうのがご趣味なのね?」 見た瞬間に股間を膨らませてしまった勇作に気づき、早苗は頬を染め...
鮎川晃

一枚きりの真っ赤なエプロンは、ミルクのように滑らかな早苗の肌の風合いとよくマッチし、全裸以上にその肢体を艶かしく演出している

「あ……そう……です……か……それは……お疲れ、さま……」 早苗の言葉なぞ、ほとんど勇作の耳には入っていない。それどころじゃない。真っ白い背中と尻たぶ、そしてその下に続く生の美脚に、すっかり見惚れてしまっている。 「やだわ、そんな顔して。や...
空蝉

戻ってくる際に左右の乳内側面がぶつかって音を立て、その衝撃と、エプロンに擦れた事で生じた摩擦悦にも身悶え、乳全面に恍惚の汗が浮く

「あ、っんん……っ、はあ、あぁ……それ、いい、わ、私っ。賢太さんに胸弄られると、それだけで、エッチに、幸せな気持ちになるのっ……」 甘く鳴く恋人の膣襞が、肉棒の雁から裏筋にかけてをベロリ、舐め上げた。早くも迫り出す白熱を、唇を噛む事で押し戻...
空蝉

賢太の切望に応えて裸エプロン姿となった美幸が布団の上、四つん這いの姿勢で背と喉を震わせた

「あ、はぁぁぁっ」 賢太の切望に応えて裸エプロン姿となった美幸が布団の上、四つん這いの姿勢で背と喉を震わせた。白濁汁の味と香りに酔い痴れて、とうに汁だくだった秘裂は、背後からの挿入を易々と受け容れる。より奥へいざなおうと蠢きを強める膣襞に、...
空蝉

エプロンを挟んだ巨峰を左右とも派手に揺らして、美幸の体躯が伸び上がる

「んぷ!ふぁ……ひっあはあぁぁっ!」 エプロンを挟んだ巨峰を左右とも派手に揺らして、美幸の体躯が伸び上がる。追いすがった肉棒が膣の上壁を滑るように摺り上げた。途端に蠕動を強めた膣肉が強烈に食みついてくる。 (ここ、だっ……美幸さんのは、朱里...
空蝉

仰向けとなって脇に肉が流れた状態にあっても、美幸の胸の二つの膨らみはなお大きく、ゆさゆさと揺れた

「美幸さんっ……」 エプロンを挟んだ状態で息づく生乳に、顔を埋める格好で飛びつき、忙しくトランクスを脱ぎ落とす。美幸の口腔からは、押された拍子の振動で「けぽっ」と精液臭含むおくびが吐き漏らされる。 仰向けとなって脇に肉が流れた状態にあっても...
空蝉

一層の熱を滾らせた青年の瞳が、エプロンを谷間に挟み丸出し状態の乳房に張り付き、隆起する乳首を愛しげに見た

「裸、エプロン。本当に、着てくれてたんだ……」 口内射精の快感に、口腔に溜まった精液の目撃。見せつけられた飲精の一部始終。三つの初経験の衝撃にも負けぬ感激を、賢太は握り拳を作る事で表現する。 飲精の余韻に喘ぐ柔肌が淡く赤らんでいるだけに、エ...
空蝉

日頃着慣れたエプロンが、素肌の上に身に着けるだけで、イヤらしい下着の類であるように映る事にまず、驚愕とときめきを覚えずにいられない

股下と腋下がまた微風にくすぐられて、美幸は自らの格好を見下ろした。そして、改めて、望んではしたない格好をしている現実を痛感する。 日頃着慣れたエプロンが、素肌の上に身に着けるだけで、イヤらしい下着の類であるように映る事にまず、驚愕とときめき...
空蝉

剥き出しの心許なさと、肌寒さに、むっちりと肉の詰まった桃尻が震える。もじつくたび微風に晒された女陰が、エプロンの下で煩悶した

今も確かにすぐ傍に感じる恋人の気配に向けて、もう一度問いかける。視界が塞がれているせいで、賢太は不安と、奇妙な胸の高鳴りに苛まれていた。 「あ、あの、私。今……賢太さんが前にして欲しいって言ってた格好、してて。だけど、その……恥ずかしくて。...
御堂乱

打つたびに人妻の唇から悲鳴がほとばしり、白桃に似た双臀がバネのように跳ねあがる

「叩いてみろ」 「え!?」 「平手で尻を叩くんだ。フフフ、妻は変態で、裸の尻を叩かれるのが大好きなのさ」 「…………」 青年は再び唾を呑んだ。 奥さんが変態?──お尻をぶたれるのが好き? にわかには信じがたかった。 たしかにバイブを挿れられ...
御堂乱

大きくて形のいい双丘は、ムチムチして頂きが高く、中心の切れ込みが得も言われぬほどに妖しい。匂い立つ成熟した人妻の美尻だ。

「お尻を出しなさい、志津子」 竜二の言葉に、志津子はブルルッと裸エプロン姿を慄わせた。 玄関で、顔見知りの宅配便の青年に裸の尻を向け、いやらしい大人のオモチャを使われる──信じられない事態に息の根も絶えてしまいそうだ。だがここで抗って青年に...