尻が座席を離れて、空中でクイクイと前後に動き、淫らにゴンドラの空気をかきまわす

言葉に合わせて、自分が愛されていることを自慢するように、腰をせり上げた。尻が座席を離れて、空中でクイクイと前後に動き、淫らにゴンドラの空気をかきまわす。下半身の動きが上半身にも伝わり、ワンピースを押し上げる胸の隆起がふるふると揺れる。
「わたしが持ってきたバイブを、尚樹くんに入れてほしい、と頼んだのよ。尚樹くんは喜んで入れてくれたわ」