膝枕されたまま、仰ぐように乳房をまさぐる俊輔

俊輔の手の甲が、膨らみの一番高いところに触れた。
「あっ……」
二度三度と、その弾み具合を堪能していた手の甲は、けれど、それでは物足りないらしい。俊輔の手の甲が、くるりと裏返された。
掌が、胸元に覆いかぶさると、手指の先と肉厚の親指の付け根部分が、ぎゅっと収縮をはじめた。
「やわらかい。千夏さんのおっぱい、服の上からでも素晴らしいです!」
膝枕されたまま、仰ぐように乳房をまさぐる俊輔。