膝枕されたまま、仰ぐように乳房をまさぐる俊輔

俊輔の手の甲が、膨らみの一番高いところに触れた。
「あっ……」
二度三度と、その弾み具合を堪能していた手の甲は、けれど、それでは物足りないらしい。俊輔の手の甲が、くるりと裏返された。
掌が、胸元に覆いかぶさると、手指の先と肉厚の親指の付け根部分が、ぎゅっと収縮をはじめた。
「やわらかい。千夏さんのおっぱい、服の上からでも素晴らしいです!」
膝枕されたまま、仰ぐように乳房をまさぐる俊輔。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!