ヌプッと亀頭が嵌まると、後は腰全体を落とし込むようにして、ズズズッと肉幹を呑み込んでいく

「んっく……んん、あううううううっ!」
ヌプッと亀頭が嵌まると、後は腰全体を落とし込むようにして、ズズズッと肉幹を呑み込んでいく。けれど人一倍大きな勃起は、一気に呑み込める代物ではないはずだ。
ぶちゅるるる、くちゅん──。
折り曲げた膝を励ますようにして、千夏がさらに腰を沈みこませた。お腹の中を占めていく異物感とは、いかばかりのものか。男性の俊輔には、想像もつかない。けれど、苦しみばかりではなく快の電流が、ぞくぞくと女体に押し寄せているらしいことは、その美貌からも窺うことができた。