乳房を鷲掴みにしたまま、腰が揺らめかされるたび少女のごとくか細い悲鳴をあげる

左右に投げだされている慎也の手を自らの乳房に導くと、加南子は背中を反らせるようにして、ゆったりと抽送を開始した。
「んっ!あ、ううぅ……ひ、ひっ!」
乳房を鷲掴みにしたまま、腰が揺らめかされるたび少女のごとくか細い悲鳴をあげる。緩やかなピストンでも、今の慎也にとっては容赦なき牝の肉責めだった。強烈な膣圧に肉茎の全体が揉みほぐされる。入り組んだ膣襞に雁の括れが擦られて、子宮から吸いつかれているように亀頭が持っていかれる。絶えず太腿にぶつかってくる美臀の弾力もいやらしすぎて、慎也は瞬く間に絶頂に達してしまう。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。