我ながら醜いとしか思えないごつごつした肉塊が、この上なく柔らかい乳房を犯している

「ああ、私も、おっぱいが……はうん……こ、こんなにいいなんて……あふぅ……知りませんでした」
ぐちゅんぐちゅん、たぷんたぷん、絶え間なく立つふしだらな音に誘われて、俊輔は亀のように首を伸ばし、下腹部へと目を向けた。我ながら醜いとしか思えないごつごつした肉塊が、この上なく柔らかい乳房を犯している。聖女を穢している背徳的な悦びまでもが、背筋を絶え間なく走った。