付け根部分に手を伸ばすと、淫裂に食いこんでW字を描くショーツの底辺をそのままになぞった

熊手のように指先を曲げ、五本の指の腹でじっとりと内股のやわらかい部分をさすりまわす。付け根部分に手を伸ばすと、淫裂に食いこんでW字を描くショーツの底辺をそのままになぞった。
「んあっ!ああ、それダメ……もう、俊輔さん、本当に意地悪ですぅ」
官能的な朱唇から次々と漏れだす喘ぎに、俊輔はこの上ない喜びを感じる。どんどん可愛くなっていく寧々の様子に、サド的な悦びを刺激され愉しくて仕方なかった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!