さらに顔と谷底とをググッと密着させ、肛門を尖らせた舌先でほじくりかえした

「あ、ああ……イヤですっ……な、なにをっ……あ、イヤああっ!……」
チロチロと肛門を擽っていく。微細な放射状の皺が舌先に心地よい。さらに顔と谷底とをググッと密着させ、肛門を尖らせた舌先でほじくりかえした。
密着した尻肉が痙攣したように夥しく揺れ動く。官能的な囀りがとまらない。
つづけて谷底を大きく舐めあげてやると、肛門部を過ぎたところで恵里子はヒクッと感応した。尻割れが一瞬緊張を孕む。左右両側からキュッと引き絞られる。
「は、はああっ……。も、もうっ……もう帰してっ……」
恵里子は息も絶えだえだ。奥寺が谷底から去ったあとも、美麗な双丘は荒い呼吸と呼応して膨らんだり萎んだりを繰りかえしている。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!