ビク、ビクン!大きく震えるヒップを抱えたまま

突き上げられると、膣内から持ち上げられて彩菜の身体が浮き上がる。しかしすぐに落ちてきて、そこをまた肉棒でえぐり上げられる。
「きひ、ぃ!」
これ以上ないほど膣奥深く突き刺さる肉棒と亀頭が、彩菜をたちまち絶頂へと押し上げていった。
「ひぃぃっ!ィ、イクぅぅ!彩菜、イッちゃぅぅ!おちん×んで……広海のおちん×んで、彩菜、彩菜……イッ、ちゃぅぅううう!!ん!」
木の幹にしがみついた、片脚立ちの不自由な姿勢にもかかわらず、彩菜はあっけなく上り詰めてしまう。ビク、ビクン!大きく震えるヒップを抱えたまま、広海もまた、
「彩菜……ぅううああ!」
肉棒を震わせて、膣奥深く精を放っていく。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。