指先を尻の谷間に這わせ、クリクリと菊門を刺激する

未練がましく肉襞をさすり、アクメの揺りかえしを楽しみながら、加南子は乳房を揉んでいた左手を背中から尻にまわした。
「あぁ、そ、そこは……でも、でもぉ、慎ちゃんが欲しいなら……」
指先を尻の谷間に這わせ、クリクリと菊門を刺激する。秘唇に飛び散った愛液をローション代わりに塗りつけて、固い蕾をマッサージし、そして……。
「……うぅ」
ヌプッと第一関節を肛門に押しこむ。背筋に虫唾を走らせ、異様な感触に顔面を歪めつつも、さらに深く指を突き入れる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。