競泳水着の締めつけで平たくつぶれた巨乳が今にも脇から零れそうである

いくぶんタイトな競泳水着に包まれ、体型が整えられていることもあるが、子持ちの人妻とは思えない見事なプロポーションだ。すでにひと泳ぎしたのか、水着はしっとりと水に濡れて、薄皮のごとく素肌に吸いついている。胸の露出は控え目だが、競泳水着の締めつけで平たくつぶれた巨乳が今にも脇から零れそうである。その頂点にはクッキリと乳首の芽が突起して、ますます息子の視線を誘惑する。
細く括れたウエストからヒップに流れる曲線も、ことさら優美に描かれていた。すらりと伸びた美脚も、ムッチリ肉づいた太腿も、むしゃぶりつきたくなるほどに官能的だ。慎也の視線はいつしか下腹部に集中する。動きやすさを重視してか、競泳水着はなかなかのハイレグで、股座をピチッと締めあげていた。スイムショーツを着けていないのか、恥丘の膨らみにはほのかにヘアの茂みが透けていた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。