容赦なく首を振り、根元まで竿を咥えこみ、夫を狂喜させる尺八で息子の陰茎をしゃぶり倒す

鈴口から溢れだすカウパー汁を啜り、赤剥けた鎌首をパックリと口に含む。容赦なく首を振り、根元まで竿を咥えこみ、夫を狂喜させる尺八で息子の陰茎をしゃぶり倒す。
「んあっ……そ、そんな……ひっ、ひいっ!」
練熟したフェラテクに、喉まで使ったディープスロートの妙技に、慎也はあれよあれよという間に絶頂に追いつめられてしまう。
ビュッ、ビュルルッ……。濃厚な樹液が激流となって、淫母の口性器に注がれる。胃袋をも打ち抜かんばかりの勢いで白き弾丸がほとばしる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

手で尻たぼを広げると、静羽の肛門がぽっかりと露わになる... 静羽のヒップをわしづかみにしながら、自在に肉棒突きをくれていく広海。両手で尻たぼを広げると、静羽の肛門がぽっかりと露わになる。その肛門が、肉棒を突き込むごとにひしゃげて歪んだ。 「静羽さんのお尻の穴、丸見えだよ」 広海が言うと、肛門がキュゥ、とすぼまった。 「い、イヤぁ!見ないでください。お尻...
臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ... 惜しげもなく裸身を晒し並び立つ二人を、俊輔は両腕に抱き寄せた。 「あん!」 「はん……」 バイトで鍛えた広い胸板に、華奢な女体が溺れる。 首をぐっと折り曲げ、交互に朱唇を掠め取った。 薄い肩を腋の下に抱え込むようにして、グイッと腕を伸ばし、二つの股間に背後から潜り込ませる。 「ああん!」...
肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った... 昂奮を隠せなくなった俊輔は、ねっとりと弄ぶような手つきから、ぐちゅっぐちゃっぐちゅっと激しい擦りつけに変化させた。肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った。 「はうううっ、あ、ああ、そ、そんな激しいっ……」 健康な女体が媚肉をいじられて、反応を示さぬはずがない。そ...
唇と舌、そして口内粘膜でぴっちり包み込まれると、腰から地面に沈み込むような心地がした... 佑二は裸でベッドの端に腰掛けていた。足元にはナース服姿の彩香が膝をつき、佑二の股間の上で、ナースキャップを被った頭をゆらしていた。 (彩香さん……精液と、奥さまの愛液でまみれているのに) 陰茎に彩香の舌が這っていた。嫌悪感を佑二には見せないようにしているのか、後始末の舐め清めを施す仕草に、躊躇い...
啓太のキンタマをやわやわやわと絶妙の加減で揉みしだいている... いよいよ佳織はピストンを、怒濤の勢いで加速させた。桜色の丸帽子が、今にも吹っ飛んでしまうかと思うほどだ。しかも気づけばこの人は、手袋を嵌めた白指で、啓太のキンタマをやわやわやわと絶妙の加減で揉みしだいている。...
太い肉棒を無我夢中で吸いつづけた小さな唇は、逆流してきた粘っこい乳液状のザーメンにまみれている... 知美は青ざめた頬を涙で濡らしながら、グラグラとかぶりを振った。 尊敬する義父、姉とも慕う召使いの弥生の、まさに野獣のそれとしか評しようのない狂気の振る舞い。純真で潔癖な女子高生の受けたショックは計り知れない。 ハアッ、ハアッ……。 主人である浩の吐精を胃の腑に流しこんだ弥生は、火照ったポニーテ...
左右に割り裂くと、白いヒップの実が断ち割られるように、中の果肉をさらけ出した... 目の前のヒップを、広海の両手がつかむ。左右に割り裂くと、白いヒップの実が断ち割られるように、中の果肉をさらけ出した。 「ぁ、あ」 目を塞いでいても、顔を向けていなくても、羞恥は変わらない。割られたヒップの中心、縦に並んだ肛門と肉裂が、恥じらいに震えている。キュッ、とすぼまる肛門。逆に肉裂は、蜜に...
はちきれんばかりの肉竿に細い指を滑らせる... そんな宣英のすべてを包み込むような温かな眼差しを送りながらも、凪子は舌を休めることなく、さらには絶妙なタッチではちきれんばかりの肉竿に細い指を滑らせる。...
これは愛らしいおマメちゃんだ。どれ、感度を確かめてみましょうかね、奥さん... 「これは愛らしいおマメちゃんだ。どれ、感度を確かめてみましょうかね、奥さん」 村松は双眸をいっそうぎらつかせた。戦慄する美貌を上目遣いに楽しみつつ、舌ビラを恥蕾へと伸ばしていく。 「あっ、あっ。もうイヤッ。もうイヤですっ。ごめんなさいっ。許してっ。……あっ、ひいいーっ!」 舌先がチロリと突端を...
静羽の肉裂から肛門、それに火照った尻肉にかけて、白い噴流が命中し、降り注いだ... 「ぁぁあああ!抜いちゃイヤぁああ!はぅっ!ひぃぃ……!」 声を上げる静羽の艶やかなヒップ目がけて、 「ぅおあ、出……!」 ビュシャ!ビュビュ……!白濁が迸る。静羽の肉裂から肛門、それに火照った尻肉にかけて、白い噴流が命中し、降り注いだ。...