容赦なく首を振り、根元まで竿を咥えこみ、夫を狂喜させる尺八で息子の陰茎をしゃぶり倒す

鈴口から溢れだすカウパー汁を啜り、赤剥けた鎌首をパックリと口に含む。容赦なく首を振り、根元まで竿を咥えこみ、夫を狂喜させる尺八で息子の陰茎をしゃぶり倒す。
「んあっ……そ、そんな……ひっ、ひいっ!」
練熟したフェラテクに、喉まで使ったディープスロートの妙技に、慎也はあれよあれよという間に絶頂に追いつめられてしまう。
ビュッ、ビュルルッ……。濃厚な樹液が激流となって、淫母の口性器に注がれる。胃袋をも打ち抜かんばかりの勢いで白き弾丸がほとばしる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

尚樹は舌を伸ばし、ビキニに浮かぶ肉唇の中心を上下に何度もなぞっていく... 尚樹のうめきと、彩海の喘ぎがデュエットする。二人の間で、水音が奏でられる。尚樹は舌を伸ばし、ビキニに浮かぶ肉唇の中心を上下に何度もなぞっていく。水道水のはずの水分が、いつの間にか温かい味覚の液体に変わっていた。 「はああっ……あふ……ううん」 水着越しの舌の愛撫を受けて、彩海の全身が鎌首をもたげ...
ほとんど塊となった精液弾で、千夏の掌をしたたかに叩いた... ぐじゅ、ぐじょ、じゅちゅっ、じゅちょ、ぐちゅっ、ずるん、ずちゅん──。 俊輔を射精に導く悦びに、千夏の頬はバラ色に妖しく光り輝いている。その美貌をうっとりと見つめながら、俊輔は筋肉質な全身を精いっぱい硬直させた。崩壊の瞬間、歓喜の放出が訪れたのだ。 「うがあっ、出るっ!射精るぅっ!!」 獣の咆...
佑二くんの立派だから、おくちに納めるのが大変だわ... 「んむんっ……佑二くんの立派だから、おくちに納めるのが大変だわ」 彩香が紅唇を引き上げて、佑二を仰ぎ見た。口元がテラテラに濡れ光っていた。指先で唾液の滴を拭って、コケティッシュな笑みを佑二に向ける。...
肛門に刺さった魔指はじわじわといたぶるように蠢き、彼女の肢体を身悶えさせた... 戦慄する珠実をよそに、魔指が肛門に突き立てられた。 「あうううっ」 「それで自分の身が助かると思えば安いもんだろう。悪くない話だと思うがな。一度だけここにはめさせてくれればいいのさ。フフフフッ」 「う……嘘でしょうっ……」 あまりのことに絶句した。非現実的すぎて、悪い夢かと思った。だが紛れも...
なめ上げるとあかりの肛門がキュッ、とすぼまり、まるで攻撃を受けたイソギンチャクのようだ... いったん肉裂から離れて、肛門へも広海の舌が遊ぶ。 「そこは……お尻は、やめろ。なめなくて……い、ィ!ヒゥゥ……!」 あかりは言うが、がっちりとヒップを広海につかまれていては逃れる術はない。 なめ上げるとあかりの肛門がキュッ、とすぼまり、まるで攻撃を受けたイソギンチャクのようだ。しかしなめ込んで...
喘ぐ亀頭を舐めしゃぶる なのに佳織はまだまだ許さない。ひくつく棹を執拗に扱き、再び舌まで繰りだして、喘ぐ亀頭を舐めしゃぶる。まるで三分以内に亀頭全部を舐め溶かさないと、人生の重大事に支障を来すとでも言うような熱烈さだ。...
凪子が唇でカリ首をきゅっと押さえた... 凪子が唇でカリ首をきゅっと押さえた。その締め付けに精子がぐぐっと迫り上がる。なんとか発射を堪えたものの、口内では硬く尖らせた舌べろが、おいでおいでとまるで誘うかのように鈴口をノックする。...
れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる... 射精が未遂に終わっているだけに、生温かい口腔に迎え入れられると、すぐに血液がそこに集まってくる。れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる。 「千夏さん……うおっ、ど、どこで、そんなこと……」 皺袋の裏側の縫い目部分をつーっと爪先でなぞられ、背筋をくす...
とうとうパクリと口いっぱいに、啓太の猛りを頬張った... 啓太の股間に首を伸ばしたバスガイドは舌のくねりに一段と妖しげな粘りを加え、右から、左から、裏筋から、さらにはぐるぐると円を描くような激しさで、涎まみれの鈴口を、ねっとり、たっぷり舐しゃぶる。しかも、舌を絡みつけるだけでは飽きたらなくなり、とうとうパクリと口いっぱいに、啓太の猛りを頬張った。...
赤いコスチュームの上から強くつかまれて、形の美しい豊乳がくにゃりと形を変えた... 「んっ、ああっ、いいっ、はあああ」 赤いコスチュームの上から強くつかまれて、形の美しい豊乳がくにゃりと形を変えた。 「ああ、やわらかい!」 尚樹は歓声をあげる。昨日も、短時間とはいえ胸に触ったときに、何度も同じ言葉を口にした。それでもまた同じ賞賛をしないではいられない。みっちりと肉がつまった尻...