容赦なく首を振り、根元まで竿を咥えこみ、夫を狂喜させる尺八で息子の陰茎をしゃぶり倒す

鈴口から溢れだすカウパー汁を啜り、赤剥けた鎌首をパックリと口に含む。容赦なく首を振り、根元まで竿を咥えこみ、夫を狂喜させる尺八で息子の陰茎をしゃぶり倒す。
「んあっ……そ、そんな……ひっ、ひいっ!」
練熟したフェラテクに、喉まで使ったディープスロートの妙技に、慎也はあれよあれよという間に絶頂に追いつめられてしまう。
ビュッ、ビュルルッ……。濃厚な樹液が激流となって、淫母の口性器に注がれる。胃袋をも打ち抜かんばかりの勢いで白き弾丸がほとばしる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

ああ、こんなに大きなお魔羅で、私のお尻に、挿し込みたいと... 「ママ、あああ、イクぅ……。ああ、由美、もう、あああ、きてーーーーっ、健太ちゃん……。由美に、あああ、ママに、後ろから、健太ちゃんの白いミルク、ああああ、ちょうだい……。あああ、私、イってるぅぅぅぅーーーっ、ああ、だ、だめぇぇぇぇーーっ、健太ちゃん、ああ、健太ちゃん……」 「ママ、僕もだよ。ぐしょ...
射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた... 「ああ、こぼすのはもったいないわ」 射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた。再び亀頭に受けた刺激がスパークして、尚樹はたまらず腰をせり出す。 「うおおおおう、出るうっ!!」 尚樹はとっさに両手で彩海の髪をつかみ、美貌を固定した。突き上げた亀頭が、彩海の唇を割り、口の中へと突入する。 乱...
薄い舌がチロリと伸ばされ、亀頭を舐めては顔を離し、ふぁさりと落ちてきた黒髪を掻き上げる... 豊饒な肉体がしなやかにカーブを描き、美貌が俊輔の下腹部に向けられた。 「あうぉっっっ……み、深佳…さ…んっ」 脈動する肉竿に、形の良い朱唇をあてがわれたのだ。 薄い舌がチロリと伸ばされ、亀頭を舐めては顔を離し、ふぁさりと落ちてきた黒髪を掻き上げる。朱唇があんぐりと開かれると、ついには亀頭部が口...
シックスナインに重なった貴和子を、その大きなヒップをつかんで四つん這いにさせると、一気に突き込んだ... 彩菜とシックスナインに重なった貴和子を、その大きなヒップをつかんで四つん這いにさせると、一気に突き込んだ。 「ンァァァアアアア!!は、挿入って、くるゥウウウ!」 絶頂の余韻に酔っていた貴和子の官能が、蹴飛ばされたように、再びピークを振り切っていく。 腰から砕けていた裸身を肉棒が貫くと、文字通り...
熱のこもった母の口唇奉仕に、佑二の勃起はピクンピクンと跳ねた... 舌や口内粘膜と、佑二の逸物がぴっちりぴっちり擦れる感覚が、快くてたまらなかった。花穂子は唾液の汁音と、粘膜の摩擦音を響かせて、赤い唇をすべらせた。 「口だけで扱くなんてテクニック、彩香さんだってしてなかったのに」 佑二がため息を吐き、花穂子の頭に手を置いた。まとめ髪から垂れたほつれ毛を指で掻き上...
啜る際の鼻下が伸びた顔 啜る際の鼻下が伸びた顔を眺めるのが、堂本は堪らなく好きだ。蓄積された経験則に基づいて媚を売り、歯に唇を被せて甘噛みする素振りも披露する。頭に手を置かれ、子をあやすように撫でられると、不本意ながら女将の心が弾む。蓄積する温みがそのまま舌の熱烈な動きとなり、竿に繰り返す接吻にも熱がこもる。...
美貌が低く沈んだ時、咽頭の粘膜に勃起の先端部が擦れていた... 美貌が低く沈んだ時、咽頭の粘膜に勃起の先端部が擦れていた。喉を圧迫されて苦しさを感じぬはずはない。佑二は不安そうに足元の彩香を見る。 「んっ……でも、喉で締めつけられると、いい具合でしょ」 一旦ペニスを吐き出して、彩香が佑二に上目遣いを向ける。切れ長の二重の瞳が潤んで色っぽかった。...
ついに感極まった貴和子が肉棒を口に含み込む。たちまち、根元までも呑み込むディープスロートになった。... 「広海さんのおち×ぽ。かわいいのにこんなに大きくて、熱くて、強くて、たくましくて……ン!ゥゥ、ン!」 ついに感極まった貴和子が肉棒を口に含み込む。たちまち、根元までも呑み込むディープスロートになった。 「ン!ンッ!ニュプ、ジュプ!ジュプ、ジュプ、ジュプッ!」 「わぁ、あ!貴和子さん!」 広海...
健太は狙いを定めて、まだ二人の体液でぬるぬるしている肉棒を、そのまま割れ目の中心に挿し込んできた... (ああ、私って、いやらしい……。ああん、健太ちゃんったら、また……) 後ろに重なったままの健太の腰が再び動き始める。自然に吐息が甘く、熱くなる。 「け、健太ちゃん……。今度はママの上に乗って、して……。由美、上から健太ちゃんに支配されながら、されたいの……」 「嬉しいよ、ママ……。僕も、ママを...
預けられたペニスに頬擦りしてから、ナミの反対側から竿に口づける... 先に舐っていたナミの舌が根元付近から押し弾いたために、脈打つ幹が真弓の頬を打ち叩く。口端歪めた悪戯娘の顔が竿越しに覗いて、挑発されたのだと悟った。 (馬鹿にして……!) 預けられたペニスに頬擦りしてから、ナミの反対側から竿に口づける。そのまま舐りながら、二つの舌のちょうど真ん中辺りまで押し戻す。...