今度は互い違いに左右の乳房を動かして肉竿を擦る。ぢゅるぽ、ぴちゃ、ぐぢゅ。乳房の谷間でペニスが泡立ち、口腔粘膜に包み込まれた亀頭から志摩子の涎が竿に垂れた。

庵乃音人

「うっ、ううっ、志摩子さん……これ……たまらないです……」
貴史は歓喜にむせび、二つの乳肉の窮屈な谷間で上へ下へとしごかれる陰茎の快感にうっとりと全身をとろけさせた。
「気持ちいい?先っぽの赤いところ、こんなにぷっくり膨らんでる……」
息を乱して乳振り行為を続けながら、乳の谷間から飛び出してくる赤紫色の亀頭に、志摩子は潤んだ眼差しを注いだ。その瞳に、たちまち好色な光が増す。Gカップの乳房で肉竿をしごきつつ、亀頭をにゅるりと口に咥え込んだ。
「あぁ、し、志摩子さん……嘘……くはあぁ……」
「むんっ、んむぅ……貴史……さん……」
ぢゅぽぢゅぽ、ぴちゃ。ぢゅぱ、ぢゅぽぢゅぽぢゅぽ。
志摩子の唇と亀頭の先が擦れあう部分から、いやらしい水音が響いた。鈴口には石鹸の泡がついていたが、志摩子はものともせずに頬張り、前へ後ろへと啄木鳥のように首を振る。
口のなかは唾液まみれで温かだった。窄めた唇が天然コンドームみたいに猛る亀頭をピッタリと包み込み、粘膜で肉鈴を擦過する。
それだけでも相当な気持ちよさだったが、さらに舌が淫靡な責めを始めた。
口腔粘膜の感触に恍惚となる貴史の亀頭を、一刻でも早く飴を舐め溶かそうとするような性急さで、ザラつく舌がしゃぶり立てる。そうしながら、ピンク色に茹だった巨乳はグニュグニュと棹の部分をしごき続けたままだ。
「き、気持ちよすぎます、志摩子さん、あぁ、そんなにしたら……」
「ンッンッ……貴史さん、感じて……いっぱい感じて……」
志摩子は声を震わせ、いっそう激しく首を振った。
今度は互い違いに左右の乳房を動かして肉竿を擦る。ぢゅるぽ、ぴちゃ、ぐぢゅ。乳房の谷間でペニスが泡立ち、口腔粘膜に包み込まれた亀頭から志摩子の涎が竿に垂れた。
「んあぁ、き、気持ちいい。志摩子さん、出ちゃう……また出ちゃう……」
「いいんです、出して!口のなかに……出していいから……んっ……」
悪寒にも似た痺れが股間から全身に広がった。強烈な酸味が口のなかいっぱいに広がり、ペニスだけでなく、肛門までもがツーンと疼く。
「あぁ、出る……射精する……ああぁ……」
「貴史さん……むんんうぅぅ……」
目の前で白い閃光が弾けた。ペニスが焼けるように熱くなるのを感じ、できたばかりの新たな子種をどぴゅどぴゅと志摩子の口のなかに飛び散らせた。
「んあぁ、ご、ごめんなさい……ううっ、出ちゃう……いっぱい……」
穢らわしい欲望の体液を、こんな綺麗な女の人の口にぶちまけてしまうなんてと罪の意識にかられつつも、始まってしまった射精は止めようがない。陰茎が何度も痙攣し、濃密な白濁粘液を志摩子の喉奥にまで注ぎ込む。
「んむうぅ……すごい……んっ……んんっ……」
志摩子は喉を鳴らして、口中に溜まった精液を嚥下し始めた。
白い喉のほんのわずかな隆起が何度も波打ち、ごくり、ごくりと音を鳴らす。
(志摩子さんが、精液を飲んでくれてる……あぁ、何だ、この幸せな気分……)
申し訳なさが、志摩子への愛おしさをいっそう強烈なものにした。ようやく痙攣を終えた肉棒を口から離すと、志摩子は恥ずかしそうに微笑んで貴史を見上げる。
「いっぱい……出たね……気持ちよかった?」
口元からは、とろけた糊みたいな精液の残滓が漏れ、顎を伝った。

出典:~魅惑の桃尻温泉郷 女子大生と恋の四角関係 (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

「夏休みって何か予定ある?」密かに恋い慕う大学の先輩・祈里の誘いで訪れた山村。そこで青年は祈里の友人・志摩子の縁談を断るために偽りの婿候補として“お試し婚”をすることになる。祈里への恋心を抱えながらも縮まる志摩子との距離。さらに志摩子の妹も巻き込み、交錯する恋の行方は!?

タイトルとURLをコピーしました