ツルツルで白い絹肌の背中に、競泳水着のサポート効果でヒップは美形に整えられて少しも衰えを感じさせない

水着姿を見たいと、熱っぽく訴えてきた慎也の台詞を思いだし、自惚れた独り言を口にする。下腹もすっきりとして、腰から流れるラインもまろやかで、女性らしい曲線を描いている。後ろ姿にも隙はなかった。ツルツルで白い絹肌の背中に、競泳水着のサポート効果でヒップは美形に整えられて少しも衰えを感じさせない、どこに出ても恥ずかしくないプロポーションではないか。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。