鼠蹊部をゴムで締めつけられているためか、女肉がこんもりと、まるでエクレアのような形で盛りあがっている

しかし、慎也の目を奪ったのは美臀の光景ばかりではない。身体がくの字に折り曲げられた寝姿に、ハート型に描かれた尻たぶの隙間には女性器が包まれている箇所が、下着で言い換えればクロッチにあたる部分が露わになっているのだから。
鼠蹊部をゴムで締めつけられているためか、女肉がこんもりと、まるでエクレアのような形で盛りあがっている。中心部にはうっすらと、クレヴァスとおぼしき縦の皺が刻まれて、その左右にはラビアが分厚く、ガラスに押しつけた唇のごとき形ではみだしている有様まで見て取れる。
競泳水着の生地が織り成す妖しげなグラデーションも、内側に隠された媚肉の造形をありありと伝えていた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。