静羽のヒップと、広海の腰がぴったり密着している

膣前庭を軽くかきまわしただけで、開いた膣孔の位置はわかった。広海は角度を合わせると、腰を突き出す。突き入れる。
ズリュ……ズリュリュリュ……!濡れきった膣洞が肉棒を迎える。包み込む。静羽とは初めてなのに、驚くほど心地よい膣襞がからみついてくる。
ズンッ!わずかな抵抗だけで、ついに静羽の膣奥までびっしり、みっちりと埋まり込んだ。
「ひぃ、ん!」
静羽のヒップと、広海の腰がぴったり密着している。広海の肉棒はいまや、静羽の膣内を入り口から奥まで、すべて塞いで埋まりきっていた。
「挿入ったよ、静羽さん。全部」
静羽のヒップを軽くさすりながら、広海が言った。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。