そう言って貴和子が肉棒を呑み込んでいく。亀頭をかっぽりとくわえこんで回しなめる。

「ウフ。広海さんのおち×ぽって、ほんとう、ハンサムなのぉ。だからママ、おしゃぶりだってだぁーい好きなの。ンッ……クッ」
そう言って貴和子が肉棒を呑み込んでいく。亀頭をかっぽりとくわえこんで回しなめる。それに留まらず、
「ンンゥ……!」
根元までもどん欲に含み込むと、頬が痩けるほど吸い上げ、そのままぴったりと唇で締めながら、吐き出していく。亀頭の先、尿道口に至るまで、すぼめた唇で締め続けて、ようやく離す。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。