媚肉と肛門──二穴を同時になぶられる母娘の、重いうめきと高い悲鳴が二重奏を奏でながらせり上がっていく

御堂乱

隣では知美がヒップをもたげたまま、青い絶頂へ昇りつめようと、まだ肉の薄い腰を震わせていた。
「待ってな。こっちもすぐだ。合わせようぜ」
母娘に同時絶頂を味わわせようと、竜二は猛烈に責めたてた。反動をつけ、ズシンズシンと大腰で巨砲を叩きこむ。尻穴に挿れた指を右に左に捩じりながら、容赦なく肉棒を抜き差しした。
「あううッ、あうううッ」
「ひいッ、ひいいいッ」
媚肉と肛門──二穴を同時になぶられる母娘の、重いうめきと高い悲鳴が二重奏を奏でながらせり上がっていく。
「いいッ、いいッ」
「たまんないいッ」
母も娘も、もう尻責めの汚辱感を覚えなかった。とろけるような熱い肉の快感に妖しい肛悦が入り混じり、もつれ合い絡み合って官能の高みへと昇りつめていく。志津子がのけぞってキリキリとほつれ毛を噛みしばれば、知美は細いうなじを反らせて全身をこわばらせた。
「ああッ、イク!!」
「イクうううッ!!」
互いに淫らさを競うがごとく、二人は前後の秘穴を同時に収縮させた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

タイトルとURLをコピーしました