女の身体の一番深部のぬめり肉を擦りつけられては、たまったものではない

巧みなフェラチオとパイズリの責めで、いつ射精してもおかしくないほど、ペニスは昂りきっていた。そんな状態で、男の猛りがもっともほしいと恋慕う、女の身体の一番深部のぬめり肉を擦りつけられては、たまったものではない。しかも響子は、啓太のペニスを感じる部分に擦りつけようとするあまり、自ら進んで恥も外聞もないがに股姿になっていた。た。腰から下のその姿は二目と見られぬいやらしさなのに、腰から上の響子の方は「ねえねえ、ねえ!」と、と、言うに言えないせつなさを、震えの来るような色っぽさと愛らしさで身も蓋もなく訴える。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!