再び俊輔は女陰全体を唇で覆い、肺活量いっぱいにじゅちゅるるるっと吸いつけた

再び俊輔は女陰全体を唇で覆い、肺活量いっぱいにじゅちゅるるるっと吸いつけた。
「ひうんっ!ああ、そんなっ……いま、吸われたら……ひふう、ほおぉぉっ…だ、だめです、だめっ、何かが出ちゃいます。ひゃああぁん……」
ぶるぶるぶるっと派手に背筋を震わせながら、切なげに千夏が呻いた。
ぶっしゅわわ──。
間欠泉のように噴出した多量の潮液を、舌先でぴちゃぴちゃっと口腔内に運ぶ。愛液とも異なる透明な汁には、海のような塩辛さの中にも、微かな甘みがやはり感じられる。それをごくりと嚥下すると、はらわたがカアッと熱くなった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!