寧々、おっぱい、見せてよ

「寧々、おっぱい、見せてよ」
華奢な手首を捕まえると、さほど力を入れずとも、両腕は左右に分かれていった。
支えを失ったマッシブな質感は、再び下方に悩ましく揺れてから、張りつめた乳肌にふるんと逆方向に戻っていく。
スレンダーな印象を与える細身は、けれど相変わらず肉感的で、ムンと牝を匂い立たせている。お腹回りを急激にくびれさせているため、見事なまでに実らせた乳房との対比が、ド派手なメリハリとなるのだ。しかも、この形の良さはどうだろう。清純な印象に似合わず、挑発的なまでにツンと前に突き出し、ぴちぴちの張りに充ちている。唯一恥じらい深い彼女にふさわしいのは、その薄紅の先端部分が肉房に埋まり、姿を見せようとしないことだけだ。その乳首さえもが、ひとたび情感が高まれば、ムクムクとせり出して、「ここを触って」と自己主張できるだけの淫らさを隠し持っている。それでいて、限りなくパーフェクトに近い完熟ボディには、それとは正反対の乙女の青さが残されていて、奇跡の果実をなしているのだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

大きい。あまりにも大きすぎる。母親の玲子がGカップなのだから... 大きい。あまりにも大きすぎる。母親の玲子がGカップなのだから、巨乳には慣れているはずだった。しかも加奈子はFカップとワンランク小さいのだ。ところが、バストの印象は、身体全体とのバランスで、全く違ったものになる。玲子のプロポーションは見事だが、それは成熟した肉体と大きなバストが釣り合っているからだ。し...
手のひらにあまるHカップの乳肉 手のひらにあまるHカップの乳肉。まるでプリンのようにやわらかくて、指の間からこぼれてしまいそうだ。ギュッと絞り込む。 「キャ、ン!もっとォ。もっとおっぱい、さわってェ!強く、つかんでぇ!」 両手でわしわし、ギュッ、ギュ、揉みしだき、つかみ込む。指の股からこぼれ出た大粒の乳首が、もう硬くしこってい...
歯を食いしばる寧々の乳房を、まるで工事用の地盤を固める機械に載せたように、上下にぶるぶると震わせた... まるで俊輔の邪魔をしないシースルーの中、ふるるんと揺れ続ける双房を、下からすくうように恭しく持ち上げた。 「さあ、次は、おっぱいの芯を揺らしてみようか……」 どこで見かけた知識であったか、うろ覚えではあったが、一度試してみたいと思っていた愛撫を、このロケット美乳に施すことにした。 掌底に乳首が...
たっぷりとしたおっぱい。ちょっとした小玉スイカ並みの迫力と重さで... 啓太の指を包み込み、汗を滲ませた美巨乳がマシュマロ顔負けの柔和さで苦もなくひしゃげる。指の間から、乳肌を張りつめて肉のゴムボールがくびりだされた。啓太の見立てではFカップ、九十センチにほど近い、たっぷりとしたおっぱい。ちょっとした小玉スイカ並みの迫力と重さで、啓太の指にズシリとした量感を伝えてくる。...
ふっくらと盛り上がったバストの、ふたつの膨らみが刻む谷間... 背中で声がして振り向くと、バスタオルだけを身にまとった静羽が襖の向こうに立っていた。部屋付きの半露天風呂で入浴してきたその肌は、内側から桜色に火照って、かすかにまだ湯気さえまとっている。胸から股間までをバスタオルが覆っていても、静羽の長い手脚、みずみずしいプロポーションまで隠すことはできない。ふっく...
掌の中で、張りつめた乳房がぷるぷるぷるっと踊る... 恐る恐る手を伸ばし、大きな掌で双の膨らみを覆う。 「そんなに緊張しないでください。わたくしにまでドキドキが移ってしまいます。ほら、伝わっているでしょう?」 速い鼓動を右手に感じながら俊輔はぶんぶんと頷いた。 「本当だ。でも、こんなに大きなおっぱいでも鼓動が伝わるから不思議ですね」 千夏も相当...
ゆっさゆっさと双乳が縦に跳ね、胸の谷間から亀頭が覗き出て、また白い胸肉のなかに隠れる... 彩香が下から艶やかな視線を向け、吐息をこぼした。ローションのボトルに手を伸ばし、胸元にローション液を滴らせた。胸の谷間が吸った粘液の冷たさを、ペニスは感じて、ピクンと戦慄く。 「うふふ、うれしそうに震わせちゃって。佑二くんのオチン×ンに、わたしのおっぱいがレイプされているみたい」 彩香が自身の膨...
熟女特有のやわらかさ、極上の手触り、それでいて張りとサイズはピチピチのグラビアアイドル並みなのだ... 「んんっ、あ、あぁ、あん、ああん……だめ、おっぱい破裂しちゃいそう……」 甘い呻き、悩殺的な女体のくねり。美しく整った理知的な美貌が、はしたなくよがり崩れるのだからたまらない。殺人的なまでの色っぽさに、早くも俊輔は、射精してしまいそうなやるせなさを感じていた。 (なんてデカさ!なんてボリューム!...
華奢そうなモデル体型であるにもかかわらず... 睨むような視線に気圧され、思わず泳いだ啓太の視線は亜紀の肢体に注がれる。眩しいほど白いブラウスに、デニムのブルージーンズというラフな出で立ちだ。すらりと華奢そうなモデル体型であるにもかかわらず、胸元の盛り上がり具合は色っぽさ満点。Fカップ、九十センチ近くはあるように見える。...
大きなクッションのような乳房が、ぼよよんと顔の側面にあたった... 豊麗な女体に、ほとんど抱きつくような形で、ベッドの上に戻されていく。大きなクッションのような乳房が、ぼよよんと顔の側面にあたった。...