左右の手でEカップとFカップに触れると、信じられない感触が伝わってきた

再び詩織がキスに戻ったのを確認し、雅也は手を伸ばしていく。どちらもブラジャーをしているとはいえ、裸の乳房と全く変わらない。雅也が左右の手でEカップとFカップに触れると、信じられない感触が伝わってきた。それぞれのバストは触っているから、姉妹の特徴は分かっている。弾力が豊かなのが詩織で、柔らかさが強いのが加奈子だ。だが、その違いが同時に神経に押し寄せてくるということに興奮する。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。