指を尺取り虫のように何度か行き来させるだけで、じゅわわぁっと蜜液の滴りが増してくる

指を尺取り虫のように何度か行き来させるだけで、じゅわわぁっと蜜液の滴りが増してくる。寧々はいやいやをする幼子のように頭を振り、全身の毛穴から牝臭を撒き散らしはじめた。身体中を駆け巡る獰猛な淫波に、その表情は悦びと言うよりも苦悶に近い。もしかして、本当に苦しいのではと、思わず疑ったほどだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!