上品なベージュの薄布からうっすらと透けている黒は陰毛だろうか

上品なベージュの薄布からうっすらと透けている黒は陰毛だろうか。人妻の生々しい下着に生唾がこみ上げこみ上げてきて、無意識に飲み下す。宣英が不埒な視線を送っていることなどつゆ知らず、凪子は手のひらにとろりと白く濁ったボディローションを取ると、滑らかな手つきでふくらはぎに塗り始めた。た。両脇から脛を包み込むように添えた手を、ゆっくりゆっくりと、膝に向かって上げていく。手のひらが通り過ぎた後はいかにもしっとりと潤った肌が眩しい。太ももに近づくに従い、柔らかな肉に指先がずぶりとめり込んでふるふると揺れる。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!