全裸にパンストだけを着用した加南子に爛々と瞳を輝かせる

全裸にパンストだけを着用した加南子に爛々と瞳を輝かせる。
単なる興味本位で口にしたまでだが、たった一枚のナイロン皮膜に下肢が包まれただけで、女体は裸身とは異質の、妖しげな色香を漂わせていた。
もとから美形のコンパスは、ストッキングのサポート効果でひときわ優美な曲線になっている。恥丘を飾る透け透けのヘアも、モロに拝むより猥褻だった。ガードル機能も備えているのか、ヒップもなめらかに整えられて、細かなメッシュの織り成す艶が、尻フェチ男の情念をいたく煽りたててくる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。