ひひひひっ。見えたぜ、見えたぜ。姉ちゃんのケツの穴が

「ひひひひっ。見えたぜ、見えたぜ。姉ちゃんのケツの穴が」
「おお。身体に似合わずおちょぼ口だな。こいつは締まりがよさそうだ」
「見ないでっ。見ないでええっ」
金網を揺すって哀訴した。
しかし彼らは飽きもせず、さかんに笑いたてながら尻割れの底に熱視線を浴びせる。
夫の目の前で赤の他人に排泄部位を覗かれるショックは大きすぎた。フッと意識が遠のきそうになる。いっそ失神してしまいたい、とさえ思った。肛門が熱視線でジリジリと灼かれ、炙り尽くされ、たまらず腰を捩りたてた。
するとそれが淫らっぽい仕草に感じられるらしく、二人はますます囃すのだった。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!