根元までも含むと、突き出した唇が鼻の下を妙に間延びさせて貴和子の美人顔が崩れてしまう

「ンハァ!ンッ、ゥ」
ひと息ついて、こんどは逆に、亀頭の先からぴっちりと包み込んでいく。根元までも含むと、突き出した唇が鼻の下を妙に間延びさせて貴和子の美人顔が崩れてしまう。
強く吸い上げた頬もぽっこりと凹んであさましい。そんな母の横顔を間近で見ていた彩菜は、
「おちん×んなめてるママの顔って、なんだかすごい、エッチ……」

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。