タイトではあったが、ビキニの生地は伸縮し、難なく、指が割れ目に到達した

夜這い、という一言に健太の肉棒が鋭く反応するのを、咲枝は見逃さなかった。
「ああん、健太ちゃんが、あたしに感じてくれている……」
直截に握ってくる。健太も咲枝のハイレグビキニの上部に指を這わせた。
「触って……。ビキニに手を入れて、指で触って……」
二人は向きを変え、渚に歩きながら、さらに体を密着する。健太は昂ぶりながら、咲枝のビキニの上部から手を挿し入れた。タイトではあったが、ビキニの生地は伸縮し、難なく、指が割れ目に到達した。指先が莢芽に触れた。ビクンと咲枝が反応し、熱い吐息をもらす。指先が割れ目を探った。夥しく濡れていた。
「ああ、凄いでしょう……。あたし、いくら何でも、こんなに濡らしたことない……。健太ちゃんが、こんなにも、あたしのおま×こを濡らすのよ……。ああ、素敵……」
健太は鉤状に指を曲げ、割れ目のとば口から挿し入れた。浅瀬を弄り回す。
「あああ、歩けなくなるぅ……。気持ち、いい」
咲枝も握っていた肉棒を扱くことで応じてくる。渚に足を踏み入れる。寄せては返す小波が足裏を擽る。そのまま股間が隠れる深さまで、遠浅の海をゆっくりと歩いた。
「しゃぶらせて……。健太ちゃんの、塩味のついた、極太のフランクフルト、ああ、あたし、口いっぱいに、頬張りたいの……」
砂浜に脱いだ、健太の着ていた浴衣が、小動物のように、白砂に蹲っている。
「咲枝さん、僕だけ、裸なのって……」
「ああ、そうね……。ごめんなさい……。ああん、あたしもやっぱり、浴衣にするんだった……。浴衣だと、すぐに脱げるのに……」
咲枝の動きは素早い。ほんの少し肉乳を隠しているだけの水着のホックを外すと、乳首が屹立状態の乳房が現れた。咲枝は乳房に注がれる健太の目を意識しているように、一度両手で乳房を掴み、揺すってみせる。
(咲枝さんのすることって、すべて、僕の目を意識しているんだ……)
咲枝はすぐにビキニの水着に手をかけ、器用に丸めながら脱ぐと、上下を纏めて健太に渡し、砂浜に放り投げて、という。水着はすでに濡れているので、丸めて投げると、ボールのような弧を描いて、健太の浴衣が置かれている傍に落ちた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

半開きに開いた唇から小さく出した舌ベロで表皮をレロレロと刺激している... 目の下に広がっているのは、刺激的すぎる光景だった。向かって右には、こんがりと焼けた肌を黒いホルターネックビキニで包んだちえりが、ぽってりセクシーな唇からはみ出させた舌で、陰嚢をちろちろと舐めている。左にいるのは、小麦色にほんのりと色づいた艶肌の美波。フルートを吹くように裏スジに唇を押し付けては先端に...
細い手首のスナップを利かせて、グチョッグチョッという汁音を奏でるのだ... 熱い口づけに深佳の心も蕩けてきたのか、勃起への手淫はさらに熱心さを増していた。細い手首のスナップを利かせて、グチョッグチョッという汁音を奏でるのだ。 「あっおうぅっ……」 射精前のジリジリするような焦燥感に俊輔は、左手で深佳の胸元にしがみつき、右手で細肩をつかまえた。...
白魚のようなしっとりした深佳の手指が、肉幹を包むようにまとわりついた... 「ほら、待ちきれないよ。立ったまま挿入れさせて!」 女陰に指を挿し込んだまま二人の女体の位置を、さらに自らの脇へと移動させ、腰部だけを突き出した。 白魚のようなしっとりした深佳の手指が、肉幹を包むようにまとわりついた。 そのまま女体をにじらせて、おずおずと自らの淫裂に誘い込もうとする。けれど、...
魅惑的なカーブを描くバストが曝け出される... ウエットスーツの前チャックに手をかけた。宣英の視線には気がつかないまま、美波はゆっくりとチャックを下ろしていった。細い首から浮き出た鎖骨、そして魅惑的なカーブを描くバストが曝け出される。...
いきり立ったペニスの裏筋を、人差し指で撫で上げながら... 再び彩香の指がいやらしく蠢く。いきり立ったペニスの裏筋を、人差し指で撫で上げながら、巻きつけた指はじんわりと圧迫を強めてくる。ツボを心得た手つきは、自慰をしのぐ愉悦をもたらす。頭のなかがピンク色に染まり、いつの間にか花穂子の“妊娠”の件も消えてしまいそうだった。...
女子高生の手コキは信じられないほど進歩を見せた... ほんの少しアドバイスしただけで、女子高生の手コキは信じられないほど進歩を見せた。ペニスを握る指の握力も適切だし、溢れる先走りを利用してリズミカルに竿の全てを愛撫し尽くす。たちまち雅也は悩乱してしまう。...
宣英の顔面の上に跨る形となった美波の、純白のビキニパンツのクロッチ部分... 三点責めの快感に襲われながらも、宣英は左手を伸ばすと、覗き込む体勢で宣英の乳頭に舌を這わせている美波の股下へと手を差し込んだ。そのまま九十度回転させると、美波の股が自分の顔の上にくるように導く。宣英の顔面の上に跨る形となった美波の、純白のビキニパンツのクロッチ部分を指先でひっかけると、端へとずらした...
花穂子は佑二の耳元で囁き、巻きつけた右手の指を、さするように動かした... 「つらいですか?」 花穂子は佑二の耳元で囁き、巻きつけた右手の指を、さするように動かした。どんなに先走り汁を噴き出したとしても、射精を果たしていない以上、充血は続く。...
見事なボリュームを誇る釣鐘型のおっぱい... (もう少しで……凪子さんの乳首が……) 期待に胸をドキドキと鳴らしていると、凪子はその期待に応えるかのように、肩紐に手をやり、するりと落とした。上品なベージュのスリップからまろびでたのは、見事なボリュームを誇る釣鐘型のおっぱいだった。まるで日焼けをしていない、白く陶器のような肌に、ふるふると揺らぐ...
ただでさえやわらかい肉丘は、その反動でふるんふるんと揺れている... ムクムクとせり出した乳首を、なおもバキュームしたまま垂直に引っ張ると、限界まで到達した柔蕾がちゅぷんと水音を立てながら口腔から逃げ去った。 「あうんっ!」 伸びきったゴムが戻るが如くの衝撃に、寧々が呻きを漏らした。ただでさえやわらかい肉丘は、その反動でふるんふるんと揺れている。...