タイトではあったが、ビキニの生地は伸縮し、難なく、指が割れ目に到達した

夜這い、という一言に健太の肉棒が鋭く反応するのを、咲枝は見逃さなかった。
「ああん、健太ちゃんが、あたしに感じてくれている……」
直截に握ってくる。健太も咲枝のハイレグビキニの上部に指を這わせた。
「触って……。ビキニに手を入れて、指で触って……」
二人は向きを変え、渚に歩きながら、さらに体を密着する。健太は昂ぶりながら、咲枝のビキニの上部から手を挿し入れた。タイトではあったが、ビキニの生地は伸縮し、難なく、指が割れ目に到達した。指先が莢芽に触れた。ビクンと咲枝が反応し、熱い吐息をもらす。指先が割れ目を探った。夥しく濡れていた。
「ああ、凄いでしょう……。あたし、いくら何でも、こんなに濡らしたことない……。健太ちゃんが、こんなにも、あたしのおま×こを濡らすのよ……。ああ、素敵……」
健太は鉤状に指を曲げ、割れ目のとば口から挿し入れた。浅瀬を弄り回す。
「あああ、歩けなくなるぅ……。気持ち、いい」
咲枝も握っていた肉棒を扱くことで応じてくる。渚に足を踏み入れる。寄せては返す小波が足裏を擽る。そのまま股間が隠れる深さまで、遠浅の海をゆっくりと歩いた。
「しゃぶらせて……。健太ちゃんの、塩味のついた、極太のフランクフルト、ああ、あたし、口いっぱいに、頬張りたいの……」
砂浜に脱いだ、健太の着ていた浴衣が、小動物のように、白砂に蹲っている。
「咲枝さん、僕だけ、裸なのって……」
「ああ、そうね……。ごめんなさい……。ああん、あたしもやっぱり、浴衣にするんだった……。浴衣だと、すぐに脱げるのに……」
咲枝の動きは素早い。ほんの少し肉乳を隠しているだけの水着のホックを外すと、乳首が屹立状態の乳房が現れた。咲枝は乳房に注がれる健太の目を意識しているように、一度両手で乳房を掴み、揺すってみせる。
(咲枝さんのすることって、すべて、僕の目を意識しているんだ……)
咲枝はすぐにビキニの水着に手をかけ、器用に丸めながら脱ぐと、上下を纏めて健太に渡し、砂浜に放り投げて、という。水着はすでに濡れているので、丸めて投げると、ボールのような弧を描いて、健太の浴衣が置かれている傍に落ちた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

パンティーのクロッチから指を忍び込ませる... パンティーのクロッチから指を忍び込ませると、ねっちょりと潤んだ肉襞が指先を包み込んだ。指先を跳ねるように動かして、くちゅくちゅと音を鳴らすと凪子が羞恥で身体を震わせる。...
留美子はそう艶めかしい声色で言うと、おもむろに股間に手をやり、少しずつ、焦らすように両足の太ももを拡... 「んもぅ、甘えん坊なのね。健太くんって……。いいわよ。だめと言っても強引にでも覗くつもりでいたのでしょう……。でも乱暴は嫌いなの。だから留美子、自ら、健太くんに見せてあげる……。私のそこ、いつまでも忘れないでね……」 留美子はそう艶めかしい声色で言うと、おもむろに股間に手をやり、少しずつ、焦らすよ...
義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる... 「ああっ、ママ……気持ち、いい……」 義母の華奢で器用に動く手が、肉棒全体を弄りはじめる。そのたびに健太の尻朶が不規則にヒクつく。由美は無意識のうちに、留美子との交わりで恍惚としている健太の表情を目にし、対抗意識を燃やしていた。 (私が忘れさせてあげる……。でも、私は健太ちゃんと、ゆったりとした...
輪にした人差し指と親指とで陰茎を擦り... 美波が輪にした人差し指と親指とで陰茎を擦り、凪子はすっぽりと亀頭を手のひらで包み込むとこねこねと刺激する。母と娘のダブル手コキにとろりと先走りが溢れ出して、ふたりの綺麗な指先を汚していく。...
ママ、舌で、お魔羅、綺麗にしてあげようかしら... 由美が強く健太の顔を胸に引き寄せると、目覚めたらしく、健太の舌が由美のいやらしく屹立している乳首を再び弄いはじめていた。 「ああん、健太ちゃん……。このまま寝ていいのよ。あ、このままじゃいけないわね。一度シャワー浴びて、汚れたココ、洗わなければ……」 手を股間にのばし、肉棒に触れた。勃起している...
短パンを突き破ろうとしているペニスを優しく撫でさすった... 「よかったわね。さあ、もっとオチンチンの上で、滑らかに指を動かしてみて。そうしたら、雅也くんはとっても喜ぶよ」加奈子は、しっかりと握っていた手を離した。そして戸惑う素振りを見せたものの、指先を使い、短パンを突き破ろうとしているペニスを優しく撫でさすった。...
右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく... ビデオ映像をくっきり瞼に描きつつ、梅崎は右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく。珠実に相応しいコリッと硬くて密度の格別に濃い乳首が、手の腹にコリコリッと当たる。身悶えたくなるほど心地よい。指と指とに乳首をつまみ、イビイビといびりまわす。期せずして「イヤああっ」とあがった悲鳴...
反り返る啓太の怒張を白魚の指で握った... 脱いだパンティを太腿にまとわりつかせた未亡人は、反り返る啓太の怒張を白魚の指で握った。何をするつもりかと呆気にとられて身を任せれば、亀頭を導いた先は、他ならぬヌメヌメの発情淫肉だ。...
たゆん、たゆんと重たげに、しかもダイナミックに揺れる... 怒濤のピストンで突き上げられた亜紀は爪先立ちになり、パンプスの踵を土から浮かせて獣の快楽に溺れきった。しなやかな背筋が撓み、その分尻が、さらに天へと突きだされる。そのくせ美脚は「く」の字に曲がり、悪寒でも覚えているかのようにガクガクと震えた。たゆん、たゆんと重たげに、しかもダイナミックに揺れるのは、...
Fカップはあろうと思われる豊満で柔らかいふくらみを、昌平はタプタプと音を立てて揉みこんだ... 「なら俺にも揉ませろっ」 もう我慢できないとばかり、昌平は下から人妻の胸に手を伸ばした。 「おお、柔らけえ!」 しっとりとした肌が指に吸いつく。Fカップはあろうと思われる豊満で柔らかいふくらみを、昌平はタプタプと音を立てて揉みこんだ。それから竜二にならって先端の乳首をなぶりはじめた。はじいては...