限界までひろげられた肛門を、血管の浮きでた太幹が出入りしている

北都凛

限界までひろげられた肛門を、血管の浮きでた太幹が出入りしている。おぞましいだけのはずなのに、いつしか愉悦のほうが大きくなっていた。
「フフフッ、たまらないヒップだ。仁科夫人のような美しいお尻の持ち主に、僕のチ×ポを根元まで打ちこめるのは光栄ですよ」
神谷が尻たぶをいやらしく撫でまわしながら、耳もとでねっとりと囁いてくる。過敏になった身体は、たったそれだけでもビクビク反応してしまう。
「ンンっ、いや……はンンっ、やめてください……」

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!

タイトルとURLをコピーしました