PR

ノーパンなのか、と思ったが、Tバックの縦紐が尻の狭間に食い入っているのが見えた

天海佑人

「だ、だめ……わかって……」
と裕美が孝典の手を強く振り切り、キッチンに戻ろうとする。
孝典は、待ってください、と奥さんのスカートを掴み、たくしあげる。
すると、いきなりむちっとあぶらの乗り切った双臀があらわれた。ノーパンなのか、と思ったが、Tバックの縦紐が尻の狭間に食い入っているのが見えた。
今日は白のブラウスに長めのスカートという清楚な感じの服装だったが、その下には、人妻らしいエロいパンティを穿いていることを知る。もしかして、孝典に見せるためにTバックにしたのではないだろうか。
「スケベなパンティですね、奥さん」
スカートをたくしあげたまま、孝典はそろりと松前先生の奥さんの双臀を撫でていく。勝手に手がそう動いていたのだ。
「だめ……主人が戻ってきます」
孝典は松前先生の奥さんの尻たぼを撫で続ける。手のひらに尻たぼが吸い付いてきて、離れないのだ。

出典:~先生の奥さん狩り夫の教え子に調教されつづけて (フランス書院文庫)

著者: 天海佑人

「もう許してっ……こんな関係が誰かに知られたら……」哀願の声を無視して続く、孝典の若さに任せた律動。昼間、出勤した夫と入れ替わりにやってくる青狼。エプロン姿で、淫らな下着姿で受ける恥辱の肉交。妻盗の魔味を覚えた少年は次なる生贄に狙いをさだめ……32歳、27歳、38歳……先生の奥さんを堕とす蟻地獄!