間を置かず速まった男の腰遣いに圧され、ひたすらに甘く蕩けた声が漏れ出てゆく

間を置かず速まった男の腰遣いに圧され、ひたすらに甘く蕩けた声が漏れ出てゆく。膣とペニスの結合部からは、突き回されて泡立った蜜汁が次々に掻き出されていた。筋状に内股を滑るその汁の甘酸っぱい臭気が、男女の性欲をより煽り、各々の腰の動きを止め処なく活発にさせる。膣の上壁、粒状の感触の集まるGスポットを擦り立てられると、尿意に似た切迫した感覚が溢れ、強烈な恥辱に侵された。同時にゾクゾクと愉悦伴う強い痺れが、腰奥を始点に女体全身へと駆け抜けてゆく。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!