人前で、それもこんなにもイヤらしい人の前で、自分から股間を晒すなんて

上前、下前の裾を捲り上げて、褄先から折って帯締めに挟み留める。そこまでは順調に、男の目を気にしつつも行動に移す事ができた。残すは一枚、長襦袢のみ。
(人前で、それもこんなにもイヤらしい人の前で、自分から股間を晒すなんて)
左右の手指が、つまんだ襦袢の裾を引き上げてゆく。足袋を履いた足首を通り過ぎ、ふくらはぎが覗いた時点から、生地を摘む指が震えだし。抵抗感を拭えず足掻き続ける心根を示すように、手が止まった。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!