翻るスカートの裾に指をかけ、腰の上まで豪快に捲る

バランスを崩した真帆は、柱に手を突いて体重を預けた。そんな娘の腰を掴み、啓太はグイッと引き寄せる。ワンピースのスカートを、規格外れの早熟尻がピーチの形に盛り上げた。息を飲んだ啓太は、翻るスカートの裾に指をかけ、腰の上まで豪快に捲る。現れたのは、白いパンティが食い込むように密着したヒップと、むっちりしすぎにもほどがある肉感的な太腿だ。啓太にはもはや、その眼福ものの光景をたっぷりと味わう余裕もない。腰に食い込むパンティの縁に指をかけると、桃の皮でも剥くように、に、ずるりと尻から下着を下ろした。ねっとりとした湿気に満ちた甘い香りが、スチームのように顔を撫でる。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!