堂本の右手中指が、開きっ放しの肛門を貫いてゆく

安堵と懺悔、相反する二つの感情に見舞われたうなじに口付けて、怯え振り向いた女将の目を見据えたまま。堂本の右手中指が、開きっ放しの肛門を貫いてゆく。
(ふぐぅっ、ンふぅぅうぅぅぅっ!来たッああァァァ……ッ!)
強烈な一撃を見舞われた腸が引き攣り絞れ、喜悦の塊を抱き締める。じかに突かれたわけでもないのに子宮が蕩け、膣内で口を広げた。細腰全体が、無様に震える。二つの穴を同時に穿たれ埋められる。忌まわしき事であるはずなのに、度し難い充足感が女の腰に満ちてゆく。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!