キュッ、キュキュッと菊穴を窄め、肉路を戦慄かせ、加南子はグイグイと節くれだった二本指を締めつけた

「もう一本……い、入れるから」
よがり声をあげる若義母に勢いこんで、さらに指を追加する。左手で陰核を摘み、シコシコと揉みほぐしながら、中指に束ねるようにして人差し指を挿入する。
「んふぅ!はふぅ、あぁん……ん、んっ!」
キュッ、キュキュッと菊穴を窄め、肉路を戦慄かせ、加南子はグイグイと節くれだった二本指を締めつけた。腰をくねらせ、尻を前後に揺らめかせ、早く膣襞を擦って欲しいと態度で訴える。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。