堂本の手により中央へ寄せられた真弓の尻肉が、左右からきつく肉棒を挟み締め上げる

耐えに耐えた辛い時間からようやく解放された事で覚える達成感。二つの穴で同時に迎えた絶頂の苛烈さゆえに重たくのしかかる脱力感。汗と汁にまみれ喘ぐ女の様を眺めながら、なお獣欲に煽られた牡肉が弾み、淫尻の谷間へと押し当てられた。
「絞り出してやる、からなっ!」
堂本の手により中央へ寄せられた真弓の尻肉が、左右からきつく肉棒を挟み締め上げる。その狭い隙間を数度往来したカリ首が、けたたましく跳ねて精を噴く。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!