し・尻(擦りつける)

庵乃音人

裸エプロン姿の志摩子は「あぁ……」と戸惑った声を上げ、貴史に向かって大胆に尻を突き出す

「あん、貴ちゃん……あっ……」 突き上げるような生殖衝動に全身を痺れさせた貴史は志摩子を立たせ、強引に身体を回して再び尻を向けさせた。志摩子は「きゃっ」と愛らしい悲鳴をあげ、流しの縁に手を突いてバランスを取る。くびれた細い腰を手で掴み、グ...
巽飛呂彦

みっちりと密着した股間はヒップでもそうで、ボリューミーな母の尻肉と、まだ青さを残す娘の尻肉が入れ合い、揉み合う

みっちりと密着した股間はヒップでもそうで、ボリューミーな母の尻肉と、まだ青さを残す娘の尻肉が入れ合い、揉み合う。 四つに割れた尻肉どうしが混じり合い、ぽよん、たゆん、と形を歪ませ、柔らかく揺れたかと思うと、弾力たっぷりに尻肌を張り切らせる...
櫻木充

下着が捩れて、尻の割れ目がうねる光景にますます怒張を盛らせる

好きなだけ触ってごらんなさいとばかりに腰をくねらせ、息子の手のひらに自ら尻肉を擦りつけてくる加南子に誘われ、慎也は嬉々として美臀を弄びはじめた。両手をいっぱいにひろげて、美臀の肉山を優しく鷲掴みにする。もっちりした肉感を楽しみ、何度も何度も...
神瀬知巳

硬く引き締まった肉茎で、執拗な摩擦を行いながら、佑二は尻たぶに指を食い込ませてきた

「旦那さまもこうやって奥さまのお尻を掴んだんですね」 硬く引き締まった肉茎で、執拗な摩擦を行いながら、佑二は尻たぶに指を食い込ませてきた。激しい肉交を予感して、女体はときめく。
空蝉

堂本の手により中央へ寄せられた真弓の尻肉が、左右からきつく肉棒を挟み締め上げる

耐えに耐えた辛い時間からようやく解放された事で覚える達成感。二つの穴で同時に迎えた絶頂の苛烈さゆえに重たくのしかかる脱力感。汗と汁にまみれ喘ぐ女の様を眺めながら、なお獣欲に煽られた牡肉が弾み、淫尻の谷間へと押し当てられた。 「絞り出してや...
宝生マナブ

ヒップは前後左右に大きく動き

そんなことを考えていると興奮してしまい、ペニスがぴくん、と跳ねた。すると加奈子が、ほんのわずかだが、ヒップを振ったような気がする。わざとかは分からないが、肉棒に甘美な電流が走った。雅也が「うっ」とうめくと、まるでそれを合図にしたかのように、...
宝生マナブ

スカートに包まれた加奈子のヒップがどんどん近づき

意図が分からず、雅也は目を見開く。すると、何とスカートに包まれた加奈子のヒップがどんどん近づき、最後はチノパンの股間に優しく触れた。雅也は思わず、はっきりとうめいてしまった。美少女のバストも素晴らしかったがヒップも負けていない。乳房の柔らか...
タイトルとURLをコピーしました