ハーモニカを吹くように竿を唇でゆるゆると辿っていっては

気まずい思いで顔色を窺うと、美波は唇をきゅっと結んだまま、唇を亀頭に寄せて、むちゅっと口づけてきた。軽く吸引するような刺激に、鈴口にびりびりっと快感が奔る。ちえりも倣い、肉厚な唇を窄めるとぷにりとカリ首にキスをした。ぞくっとした快感が背筋をくすぐり、またもビクンと身体が震えてしまった。ちえりほどの技術に至っていないことが悔しかったのか、美波も負けじと舌を使い始めた。ハーモニカを吹くように竿を唇でゆるゆると辿っていっては、ちゅぷちゅぷと鈴口を舌先で嬲る。一方、ちえりは余裕を見せながら、睾丸をべっとりと舐め上げたり、指先で亀頭のクビレをこちょこちょとなぞったりと、それぞれのテクニックでもって宣英のペニスを愛してくれる。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!