スパンキング

但馬庸太

あぁ、誓います!裕恵はお客様に従う奴隷女将になります。だから、あぁっ!

「あんたは奴隷だ。男たちに奉仕する奴隷女将になるんだ」 「ひぃぃっ!」 祐介は高らかに宣言して上半身を持ち上げ、裕恵の臀部をバシッと叩いた。裕恵の悲鳴を無視して、さらに二回、三回とスパンキングを加えていく。 「さあ認めろ女将。私は奴隷女将に...
御堂乱

指を尻肉に食い込ませて握りしめ、Tバックに割られた臀丘の成熟味を堪能する

「尻もムチムチじゃないですか、セニョーラ」 指を尻肉に食い込ませて握りしめ、Tバックに割られた臀丘の成熟味を堪能する。暴れるヒップをグニュグニュと揉みしだいて、 「いやああああっ」 勝ち気なマリアに悲鳴をあげさせると、今度は折檻するかのよう...
天海佑人

静恵の熟れ熟れの乳房と愛菜の若さが詰まったバストが、お互いのふくらみをつぶしあっている

「う、うう……」 裕美が苦悶のうめきを洩らし、双臀を下げようとする。 「下げるなっ」 ぱんぱんっと松前先生の奥さんの尻たぼを張る。 すると、いやっ、と愛菜が声をあげる。振り向くと、愛菜は母親に抱きつき、かぶりを振っている。二人とも全裸なだけ...
天海佑人

裕美は、あんっ、と甘い声をあげて、ぶるぶるっと張られた双臀を震わせた

「誰の携帯ですか」 「私です……」 と裕美が手を上げる。 「愛菜、持ってくるんだ」 エマのアナルに入れたまま孝典がそう命じ、愛菜が、はいお兄さま、と言って、着信音が鳴り続ける赤い携帯を持ってきた。それを、静恵に尻の穴を舐められ続けている裕美...
天海佑人

エマがぶるっとヒップを震わせる。肉が詰まったぷりぷりのヒップだ。

孝典は鎌首を小指の先ほどの窄まりに押し付けていった。 「あうっ……」 何度突いても、アナルは最初の抵抗が強い。けれど、いったん鎌首を埋め込めば、強烈な締め付けが待っている。 孝典は抵抗を押しやるようにして、鎌首をめりこませていく。 「あっ…...
天海佑人

競泳水着が貼りつくヒップが、すらりと長い足を運ぶたびに、くりっくりっとうねる眺めに、孝典は釘づけになる

孝典は慎重に二人の後を尾けた。スーパーを出た愛菜は、商店街から裏通りへと向かう。その後を、中年男性が追っていく。 裏通りにはひと気がなかった。缶コーヒーの自販機の前で立ち止まった愛菜が、制服のスカートの裾に手を掛けた。そして、たくしあげはじ...
天海佑人

エマは甘い声をあげつつ、尻たぼに手を置き、ぐっと開いていく

「尻たぼを開いて、エマ先生」 「ああ、もう、アナルはゆるして……」 エマが哀願の声をあげる。それに孝典はヒップスパンキングで応える。 ぱしぱしっ、とぷりぷりの尻たぼで平手が鳴る。 「はあっ、あんっ……」 エマは甘い声をあげつつ、尻たぼに手を...
天海佑人

高く張っている尻たぼを、ぱんぱんと叩いた

孝典はエマ先生のアナルから指を抜いた。 「ああ、ありがとう……」 とエマ先生が礼を言ったが、勘違いしていた。指を抜いたのは、ち× ぽを入れるためだった。 エマが四つん這いの姿勢を崩そうとした。 「まだ、終わっていませんよ。さあ、ヒップをあげ...
天海佑人

ぐいぐいとバックから突きつつ、ぴしゃぴしゃと奥さんの双臀を松前先生が眠っているそばで張っていく

松前先生がそばにいることが、孝典だけでなく、奥さんにも異常な昂ぶりをもたらしていることをおま× こで知る。 パイズリを受けているペニスがとろけそうだ。このまま出してしまいそうになる。でも、もう宙に出すのは嫌だ。松前先生の奥さんのおま× こに...
天海佑人

背中のラインは華奢だったが、くびれたウエストから急にむちっと尻が盛り上がってくるのだ

バック突きは眺めもいい。奥さんの後ろ姿がまた官能美にあふれている。背中のラインは華奢だったが、くびれたウエストから急にむちっと尻が盛り上がってくるのだ。その人妻らしい熟れたカーブがそそる。 それに突くたびに、尻たぼにえくぼが浮き、そして消え...
結城彩雨

両腕をつかせ、後ろ手縛りの上体を前へ倒して伏せさせ、双臀を高くもたげさせる

冷二と五郎は泣きじゃくる夏子を抱きあげて、和式机の上へ乗せた。両腕をつかせ、後ろ手縛りの上体を前へ倒して伏せさせ、双臀を高くもたげさせる。 「見られたくらいでいつまで泣いてやがる。泣くのは責められてからだぜ、奥さん」 冷二がパシッと夏子の双...
結城彩雨

へへへ、今度は奥さんの尻の穴を見せてもらうぜ

「へへへ、今度は奥さんの尻の穴を見せてもらうぜ」 五郎がパシッと夏子の双臀をはたいた。 たちまち夏子の美貌が凍りついた。 「…………」 「おとなしく尻を開いて、尻の穴を見せるんだぜ、奥さん」 「……い、いやあッ……」 夏子は狂ったように暴れ...
御堂乱

浩は深くつながっている知美の桃尻に眼を細めると、丸い双丘をつかんで左右に割った

浩は深くつながっている知美の桃尻に眼を細めると、丸い双丘をつかんで左右に割った。尻割れの底から甘酸っぱい少女の薫香が匂い立ち、桜色の愛らしいアヌスが顔をのぞかせた。そのすぐ下の濡れた肉割れの中に、自分の太い剛直が頼もしく食い込んでいる。 「...
御堂乱

からかって、汗ばんだ尻たぶにピシーンと気付けの平手打ちを浴びせた

竜二と昌平は顔を真っ赤にして自失を耐え忍んだ。 ぐったりと弛緩した母娘を気遣うこともなく、二人は膝立ちのまま右横へといざり寄る。昌平がお手伝いの弥生の尻を抱えこんで「ヒッ」と悲鳴をあげさせれば、竜二はうつ伏せに倒れ伏した知美に無理やり尻をも...
御堂乱

上の口からは恥も外聞もない嬌声を張りあげ、下の口からはグヂュッ、グヂュッと熟柿をつぶしたような音を響かせた

隣では志津子が、竜二の腰ピストンに合わせて積極的に腰を使っていた。 「すごい……すごいッ……あああッ、竜二さん!志津子、たまんないわあッ」 上の口からは恥も外聞もない嬌声を張りあげ、下の口からはグヂュッ、グヂュッと熟柿をつぶしたような音を響...
御堂乱

抜き差しされるだけで気が狂いそうなのに、昌平はさらなる辱しめを加えようと、平手で臀丘を叩くことすらした

「ヒイッ、ヒイイッ」 「ヘヘヘ、熱い肉が絡みついてきやがる。たまんねえ」 「アアアッ、アヒイイイイッ」 引くときは焦れったいほどジワジワと、挿れるときは一気に最奥まで貫かれた。緩急をつけた熱い肉のストロークに、人妻の女体は為すすべもなく翻弄...
庵乃音人

もっと苛烈なスマタ責めをしようと、豊満な尻肉を掴み直した。ぐにゃりと柔らかくひしゃげるみずみずしい巨尻。

「夏海ちゃん……感じる?ねえ、感じるんでしょ?ほら……」 貴史はスク水の布をさらに恥裂の奥に食いこませ、亀頭で女陰を擦った。 にちゃ、ぐちゃぬちょ。ぐちょぐちょ、ぬちょ。 いつしか夏海の蜜洞は、下品な汁音を響かせ始める。クロッチの左右から蜂...
御堂乱

打つたびに人妻の唇から悲鳴がほとばしり、白桃に似た双臀がバネのように跳ねあがる

「叩いてみろ」 「え!?」 「平手で尻を叩くんだ。フフフ、妻は変態で、裸の尻を叩かれるのが大好きなのさ」 「…………」 青年は再び唾を呑んだ。 奥さんが変態?──お尻をぶたれるのが好き? にわかには信じがたかった。 たしかにバイブを挿れられ...
小鳥遊葵

みっしりと熟れた肉を詰め込んだ豊かな尻朶に、先走りのぬるぬる感が広がり、太くて長い肉竿が尻をスパンキングするように叩いていた

(でも、お風呂場で、こんな恰好で、初体験の健太くんに、舐めて、なんて、私からは言えないわ……。あっ、健太くんのお魔羅、私のお尻に当たってる……) 強靭な撓りだった。みっしりと熟れた肉を詰め込んだ豊かな尻朶に、先走りのぬるぬる感が広がり、太く...
鳴瀬夏巳

その奥寺が、果物の熟し具合を確かめるように珠実の横尻をパンパンッと張った

その奥寺が、果物の熟し具合を確かめるように珠実の横尻をパンパンッと張った。 「元アスリートだけあって締まりはキツキツだし、まず上等の尻ですよ。これから年齢を重ねるごとにもっとこなれていくでしょう。ほかの四人もどうぞご贔屓に」 梅崎はニッと笑...