萎えかけていたペニスだったが、彩香のやさしい口唇奉仕でみるみる蘇った

彩香が佑二の分身を、爪の先でピンと弾く。男性器は股間で堂々と反り返っていた。
(だって彩香さんが、しゃぶってくれてるんだもの。興奮するなって言う方が無理だよ)
萎えかけていたペニスだったが、彩香のやさしい口唇奉仕でみるみる蘇った。姉の花穂子同様、彩香も名家の令嬢だった。本来なら、会話をすることもままならない相手だと思うと、ペニスに絡まるピンク色の舌を見ているだけで劣情が漲る。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!