身体も振られて、ノーブラのHカップバストがゆさゆさと揺れた

時刻は、日付が変わるころだった。だが貴和子はイヤイヤと首を振る。身体も振られて、ノーブラのHカップバストがゆさゆさと揺れた。
「ダメぇ、なのぉ!彩菜ちゃんみたいに、おち×ぽ挿れてもらわないと、眠れないぃ!さみしいんだものぉ!」