膝枕されたまま、仰ぐように乳房をまさぐる俊輔

膝枕されたまま、仰ぐように乳房をまさぐる俊輔。妙な体勢であるためか、不器用な愛撫だった。しかも、厚手の生地でできたメイド服の上からであり、さらにその下には下着もつけている。二重の布地越しでは、互いにもどかしさが募っていく。